女性の『プチ起業』について〜始めるコツやおすすめ職種も紹介〜

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは。ライターのナナです。

 

私は関東で歌を歌う音楽の仕事をしていましたが

今年父の介護が必要となり在宅が多くなってきたため

ライターとしても活動しています。

 

今日は私も注目している

女性の『プチ起業』について記事を書いていきたいと思います。

 

私もちょっと前まで親友と二人で『プチ起業』をしていました。

洋服やアクセサリー、小物などを韓国に買い付けに行き、

 

ネットショップを立ち上げて売っていたんです。

(余談ですが韓国のお洋服は縫製などは雑な部分はありますが

日本と違う色合いやデザインがあって、アクセもとっても可愛いのが多いんです)

 

・『プチ起業』って興味あるけど具体的にどういうことなんだろう?

・『プチ起業』ってよく聞くけどどんな職種があるのかな?

・『プチ起業』を始める心得・コツとは?

こういった疑問を持っている方は

この記事を読んだ後疑問が解決しているのではないかと思います。

 

プチ起業をするなら会社設立がいいのか?それとも個人事業主がいいのか?

こちらも知っておくと後々プチ起業をした時に役に立つかもしれません。

 

今のこの時代 ”女性が輝く時代” だと思います。

 

この記事を読んで

いくつになっても輝ける、そして「好き」を仕事に

夢を持ってリスクも少なく始めることができる

 

『プチ起業』を少しでも知ってもらい誰かの始めるきっかけの後押しになれたらと思います!

 

プチ起業とは?

そもそもまず『プチ起業』とは何なのか??

 

プチ起業』とは、

個人で小さな事業を起こすことであり

自由なライフスタイルと概念にとらわれない発想で

企業に雇用されない、また普通の『起業』とは異なる働き方です。

 

「好き」「夢」リスク少なくチャレンジすることができ

収入を得ることに留まらず、起業に「意義」を求めるということが

プチ起業』の大きなコンセプトです。

 

マイペースで「好き」を追求できることから

近年この働き方を選ぶ女性が多く、とても注目されています。

 

空いた時間にライフスタイルに合わせて働くことができるというメリットがあり

子育て中のママさんなどの仕事の時間が安定して取れない方には最適ですよね。

 

昔やっていたことや、持っているスキルを生かして

プチ起業を始める友達が私の周りでもとても多くなっています。

 

女性の『プチ起業』のおすすめ職種

プチ起業にも様々な種類があります。

今の働き方に合ったリモートでできる職種もたくさんあり

今始める時期だな〜と思うかもしれません。

 

実際どんな職種があるのかみていきましょう。

ネットショップ

自身で制作した物や、自分が買い付けた物などをネット上でお店を立ち上げ販売します。

今、すぐに無料でネットショップやSNSなどを開設できるので

こういうサービスを利用している方が多いようです。

 

主に

・ハンドメイドのアクセサリーなど

・プリザーブドフラワーやアクアリウム

・マタニティ・育児グッズの販売

・イラスト

・オリジナルTシャツ

・ネイル商品

こういったものがネットショップでは売られています。

 

上記にも書きましたが私も本業と傍ら親友とネットショップを始めたことがあります。

私たちは買い付けを韓国に自分達で出向いて行っていました。

 

今はコロナ禍日本外に行くのが厳しくなってしまったのと、

それぞれの家庭の事情が重なりできなくなってしまったのですが

 

また落ち着いたら再チャレンジしてみたいと思っています!

 

仕入れたものが売れず在庫を抱えてしまい

次売るものがまかなえないなどならないように

資金と相談をしながら、在庫のリスクが発生しないような販売システム利用がおすすめです。

 

私もこういったことを気をつけながら運営をしていたので、一旦お休みしている今も

リスクなしでした。

 

だからまた再チャレンジしようとできるのだと思います。

在宅ワーク

今の働き方で最も注目されている在宅ワーク。まさに今記事を書いているライターも在宅ワークです。

・ライター

・WEBデザイナー

・プログラマー

・ブロガー、アフィリエイター

・イラストレーター

こういった種類があります。

 

こちらはスキル=専門性が多く求められる分野ですよね。

一通り経験を積んでスキルがついてから、人を雇いマネジメントをする人も増えています。

 

『プチ起業』というよりは起業という言葉の方が合うのかもしれませんが、

在宅で自分の時間を調整しながら仕事ができるので、最近は注目されています。

アドバイザー・講師

自宅や貸しスペースなどで教室やスクールを開講し、生徒に教えたり

資格の講師を育成したりします。

・各種セミナー講師

・資格系のフラワーアレンジメント

・ベビーマッサージヨガ

・子育て教室

・学習塾、音楽教室

・アロマ

どこか物件を借りて開くとなると家賃がかかりますが、

 

自宅であればかかるコストは0です!

 

必要であれば改装費などの初期費用がかかる場合もあるかと思いますが

ランニングコストを大幅に抑えることができるのがメリットです。

 

自分の得意なことや好きなこと、趣味を生徒さんに教え提供することで

収入を得ることができるのでまさに「好き」を仕事にできるのも魅力です。

 

集客力の他に、「集金方法」「連絡方法」「場所の確保」を

スポンサーリンク

独自で考える必要があるためこの力がある人は強みと言えるでしょう。

サロン・実店舗

ネットにショップを構えるのではなく実際に店舗を運営するパターンです。

・ネイルサロン

・エステサロン

・カフェ

・カイロプラクティック

・整体院

・リサイクルショップ など

 

実際にテナントを借り技術者を育成しながら営業をするオーナーとして活躍する人も多く

個人顧客だけでなく近隣の企業と提携し基盤を整え

安定した経営をしている人もいます

 

未経験者でもフランチャイズでは技術習得後の開業準備その後の運営をアドバイスしてもらえる

サポートも充実しています。

 

料金を安く設定」「立地の良さ」「アットホームな雰囲気作り

こちらを重視すると顧客作りがしやすくなるようです。

その他

調べてみて分かったのですが、

この『プチ起業』を開くためのノウハウを提供しサポートやコンサルティングをする

『プチ起業家』が増えているんだそうです。

 

プチ起業を成功させるためのアドバイスはもちろん

プチ起業をしている人、これからしたい人達の輪を広げたり

自身の事業の普及を視野に入れたイベントの企画を運営したりなど

 

 

業界の流れに対応しながらサポート、時にはリードする役割をしているようです。

 

 

有料にはもちろんなりますが、

ノウハウを持った方にサポートを受けて、プチ起業するのもいいのかなと思いました。

 

『プチ起業』を始める心得・コツ

それは

最初は小さく始めることです。

 

最初は稼ぎが少なくてもいいんです。

コツコツ着実に実績や経験を積み重ねてスキルアップをすることで

後から結果がついていく=収入が増えるのだと思います。

 

私の友達も昔から器用で細かい作業が得意で、

最初は知り合いや友達にオーダーメイドでアクセサリーを作っていましたが

 

コツコツと実績を積み、口コミでじわじわ広がり

今ではSNSでフォロワー数1万越えの

立派なハンドメイドアクセ&セレクトアクセの、ネットショップを作り上げました。

 

最初は小さい規模で活動していたのが、

技術もそして宣伝力も大いに長けていたのが大きな成功例となり

今や人気のネットショップになったのです。

 

そしてやはり新しい分野や経験のないことでプチ起業を始めるより

自分の得意なこと、自分が経験をしてきたことを始めるといいかもしれません。

まさに”芸は身を助ける”ですね。

 

それに加え新しいアイデア、

常にその時代のニーズの合ったものをリサーチして、取り入れる柔軟さもあれば無敵かもしれません。

 

個人事業主?それとも会社設立?

『プチ起業』には個人事業主か会社設立どちらがいいのでしょうか?

 

小さく行うのであれば会社設立をしなくても、

税務署に開業届を出し、毎年きちんと税務申告を行えば問題ありません。

 

ただ個人よりも法人(企業)の方が信頼度は高いため

先ほどの話と重なりますが、

小さく始めて軌道に乗ってくれば、会社設立も視野に入れるといいかもしれませんね。

 

まとめ

プチ起業とは?

個人で小さな起業を起こすことであり、

自由なライフスタイルと概念にとらわれない発想で

企業に雇用されないまた普通の『起業』とは異なる働き方でした。

 

好き」や「」にリスク少なくチャレンジでき

マイペースに追求できることから、この働き方に女性たちが注目しているのでした。

『プチ起業』のおすすめ職種

・ネットショップ

・在宅ワーク

・アドバイザー、講師

・サロンや実店舗

・プチ起業家

こういった職種がありました。

 

プチ起業家にコンサルやサポートを受けながら『プチ起業』するのも

いいかもしれないということでした。

プチ起業を始める心得・コツ

最初は収入が少ないかもしれませんが小さく始めることです。

 

コツコツと着実に実績を積んでスキルアップをしていけば

結果が後からついていく=収入も増えるということでした。

 

そして自分の得意なこと経験のあるもので始めた方がいいということでしたね。

個人事業主?それとも会社設立?

小さく行うのであれば会社設立をしなくても、

税務署に開業届毎年税務申告をしていれば問題ありません。

 

ただ法人(企業)の方が信頼度は高いため最初は小さく始めて

軌道に乗ってくれば、会社設立も視野に入れてもいいのではないかということでした。

 

いかがでしたでしょうか?

 

自分自身が輝ける、そしてライフスタイルに合わせて自分らしく働くことができる

『プチ起業』にこの記事で少しでもチャレンジしてみよう!知ることができた!

と思っていただけたら嬉しいです。

 

長い文章を読んでくださりありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です