好きなものを好きと素直に言える自分であるために…

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは。たえです。

今回は好きなものを好きと素直に言える自分であるために

ってお話をしたいと思います。

 

小さい頃っていうのは、

好きなものは好き嫌いなものは嫌い

っていうようにはっきり言えたと思うんですね。

ですが、だんだん大人になるにつれて

好きなものを好きっていう風に素直に表現できるって事が

だんだん難しくなってきたように思います。

 

今日はそんなお話をしていきたいと思います。

 

なぜ好きと言えないのか

なんで「好きなものを好きって素直に言えないのだろう…」ということを考えると

やはりその好きなものが

流行のものじゃないとか

歳に合ってないとか

みんなと違うっていう

いろんな理由をつけて自分の気持ちに蓋をしてしまって

好きと言えないのではないかと思います。

 

やはり自分の好きなものに対して否定されたら

悲しいし、傷つくのが怖いということから周りの目も気にしている

という風に思います。

 

好きなものっていうのは実は「自分らしさそのもの」であって

だからこそ相手の反応がこう良くないと

自分を否定されたような気持ちになってしまいます。

 

それで自分らしさを

好きなもの=自分らしさ

なのでこの自分らしさっていうのを言えないってことは

もうそれだけで大きなストレスとなりますよね。

 

なので自分自身を追い詰めてしまうことになってしまいます。

 

自分の気持ちに蓋をし続けていると

今の状態が苦しくなってしまって

自分の好きなものが逆に分からなくなってしまったり自分を見失うことになってしまうかもしれません。

 

 

素直になって自分を受け入れよう

素直になったらすごくいいことがいっぱいあるんですよね。

 

どんな風にいいことがあるかっていうと

自分に素直な人ってのはすごく輝いていると思います。

 

自分の好きなものを堂々と言えるので、気持ちをごまかしていない

っていうことがあって表情がすごく晴れやかだと思います。

スポンサーリンク

 

周りから見ててもうすごくキラキラして輝いて見えるのではないでしょうか。

 

なのですごくいつも元気に輝いて自分らしく生きているという風に思います。

 

もし素直になったらこんないいことがもしかしてあるかもしれないという

話なんですけど、好きなものを「好き」と思い切って言ったとしたら

「実は私も~!」っていうに新しい繋がりが生まれるっていうことも十分あります。

 

応援してくれる仲間ができたり、一緒に楽しむことも出来るかもしれないので

好きなものを好きって言ってみるということも大事ではないでしょうか。

 

この素直な気持ちを伝えるためにはどうしたらいいのか、

まず素直に言えない自分を受け入れるということが

大切だと言われています。

 

誰でも素直に言えない事っていうのはたくさんあると思います。

 

そんな自分を自分に対して落ち込む必要はなくて

自分の本心と向き合って受け入れることが大事ではないでしょうか。

 

自分と向き合ってみて

本当はどういう自分なのか何が好きなのか

自分の心に蓋をしてしまっていないかなど

改めて自分と向き合って

自分と会話するような時間を持つといいかもしれません。

 

素直になって好きなものを好きと言えることで

だんだん自分にも隠し事がなくなって心が軽くなっていくと思います。

 

まとめ

人と考えが違うっていうのはみんな当たり前なので

何か否定をされても価値観が違うっていう風に心に留めておけば

 

相手の反応がもし悪くても、聞き流せるようになると思います。

 

なので我慢して無理して好きなものを好きって

言えない自分でいることっていうのはすごく辛いのではないでしょうか?

 

我慢していなきゃいけないので、辛くなっていくと思います。

 

なので勇気を出して好きなものは好きと言えるように

ここは子どもの頃のような気持ちをもう一度持ってみると

いいのではないかなーっていう風に思います。

 

勇気を出して素直になってみると心がもっと軽くなるかなっていう風に私は思います。

 

どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です