スワッグとは!?花束との違いや飾り方、購入方法4選も紹介!!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

こんにちは、ライターのはるかです!

3歳と0歳の姉妹をそだてるシングルマザーで、

現在は下の子の育児休業中でライターのお仕事をしています。

 

以前ハンドメイドについての記事を書くときにいろいろ調べていたら「スワッグ」というものを目にしました。

とってもおしゃれでかわいかったので、今日はそのスワッグについて紹介していきます。

 

スワッグとはお花を束ねてつくったものなのですが、「それって花束と何が違うの??」と思いませんか?

私は「スワッグ」と見たときに「花束のお洒落な言い回し??」と思いました(笑)

でも、花束とスワッグは似てるようで全然別ものだったんです!!

 

スワッグも、花束もプレゼントすることがあるかと思いますが、

違いを知っておかないと恥ずかしい思いをしてしまう可能性もあります。

 

なのでぜひ「スワッグとは何か」というのをこの記事を通して知ってもらえたらと思います。

さらにスワッグのおすすめの飾り方や購入方法なども紹介していくので、

ぜひ生活にスワッグを取り入れて、お洒落なお部屋作りにも挑戦してみてくださいね♪

 

スワッグとは!?

スワッグとは、お花や植物を束ねて壁にかける飾りのことです。

素朴な雰囲気がインテリアとよく馴染み、ナチュラルに飾れるのがお洒落で人気なんです!

 

スワッグは、ドライフラワーで作られるものが多いですが、

生花

プリザーブドフラワー

アーティフィシャルフラワー(ハイクオリティな造花)

などを使ったものもあります。

 

生花って大丈夫なの??と思うかもしれませんが、

飾っているうちに自然に乾いていくので、ドライフラワーになる過程も楽しめるんですよ♪

 

花束を逆さにしたようなデザインのものが多いですが、

いくつかをロープで繋いだガーランドのようなものや、フレームなどに入っているものなどもあるので、

お部屋の雰囲気に合ったものを選べるのがいいですよね♪

 

花束との違い

「花を束ねたものって花束と一緒じゃない??」と思うかもしれないのですが、

少し用途や見た目が違うので、その違いを見ていきましょう。

  用途 見た目
花束 お祝いなどの贈答品として使われることが多い 縦長で前後が決まっているが全体は立体的
スワッグ 壁に掛けるインテリア用として使われる 縦長で前後が決まっているが背中側が平ら

このような違いがあります。

 

花束は見た目が最も映えている部分を正面として飾っていることが多いんですけど、背中側も立体的になっていますよね。

一方でスワッグは壁に飾ることが目的なので、ゆらゆら動いてしまってデザインが崩れるのを防ぐために背中側を平らにしています。

 

なので、同じお花のプレゼントでも

引っ越し祝いなどではスワッグを贈るのも素敵

それ以外の場合は花束を贈るのが一般的

というように使い分けをしないと恥ずかしい思いをしてしまう可能性があるので注意が必要です!!

 

花束とスワッグの大きな違いは

  • 花束は見た目が最も映えている部分を正面として飾っていることが多いが、背中側も立体的。
  • スワッグは壁に飾ることが目的なので、ゆらゆら動いてしまってデザインが崩れるのを防ぐために背中側が平ら。

ということになります。

スワッグのおすすめの飾り方

おすすめの飾り方として

壁にかける

棚などに置く

立てかけたりかごに入れる

という方法があります。

壁に掛ける

このように壁にかけて飾る方法は1番メジャーな飾り方です。

押しピンなどで固定するだけなので簡単で、玄関や廊下、リビングに飾る人が多いですよ♪

 

私の友達は玄関横の壁に飾っているのですが、

全体的に白いテイストの玄関にパステルっぽい色味のスワッグが映えて、とてもお洒落で「いいな~」と思いました!

棚などに置く

スポンサーリンク

このように棚などに置く飾り方は、賃貸などで壁に画びょう穴を残したくない人などにおすすめです♪

棚の上だと他の雑貨と組み合わせて置くことができるし、

背中側が平らなので置いて飾っても転がったりしないのが嬉しいですよね!

立てかけたりかごに入れる

https://minne.com/items/24378656

このようにかごにスワッグを入れて飾るのもとてもお洒落ですよね!!

個人的に私はこの飾り方が1番好みで「かわいい~」とついつい調べるのに夢中になってしまいました(笑)

その他

このようにガーランドみたいになっているものや、

 

フレームに入っているものもあります。

 

また

春のスワッグ

クリスマスのスワッグ

など季節に合ったスワッグがあるのも魅力的です。

 

私は外の玄関扉に季節に合ったリースを飾っているのですが、中に季節に合ったスワッグを飾るのも可愛いかも!と思います。

買ってみようかな~と検討中です♪

 

  • 壁にかける
  • 棚などに置く
  • 立てかけたりかごに入れる

など、様々な飾り方ができるので、自分のお家に合った飾り方をしてみてください♪

スワッグの購入方法4選!!

スワッグは主に

  1. フラワーショップ・インテリアショップ
  2. ハンドメイドサイト
  3. インスタグラム
  4. ネットショップ

で購入することができます。

1.フラワーショップ・インテリアショップ

実物を見て買えるので、自分の家に飾ったときのイメージがつきやすいのが嬉しいですよね♪

ただ、必ずしもどこのお店でも取り扱っているわけではないので、

自分の気に入るスワッグを見つけて購入するまでに時間がかかってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

近くにフラワーショップやインテリアショップがある場合は取り扱っているか見に行ってみるのもいいですよ!

2.ハンドメイドサイト

ミンネやクリーマなどで、たくさん販売されています。

家にいながらたくさんの種類を見比べることができるので、ハンドメイド作品に抵抗がなければおすすめです♪

 

ハンドメイドサイトだけに関わらず、ネットを通して購入する際には写真を見ての購入になるので、

「思ってた色味と少し違う…」という可能性も多少あるので注意が必要です。

3.インスタグラム

私はインスタグラムをやっていないのでこれを知って驚いたのですが、インスタグラムでも購入できるそうです。

「#スワッグ」で検索すると出てくるようなので、インスタグラムをやっている人は1度チェックしてみてください♪

4.ネットショップ

おすすめのネットショップをいくつか紹介します。

Amazon

「スワッグ」で検索するとたくさん出てきます。

プライム会員だと次の日には届く商品も多いのがおすすめです!

楽天市場

Amazonでは造花やドライフラワーのスワッグしか見当たらなかったのですが、

楽天では「スワッグ 生花」と検索すると生花のスワッグもたくさん出てきました。

もちろんドライフラワーや造花のものもたくさんありますよ♪

楽天はポイント還元率がいいのでおすすめです!

土と風の植物園

こちらはスワッグ・ドライフラワーの専門店です。

完成品のスワッグはもちろん、

単品のドライフラワー

手作りスワッグキット

も販売しているため、「自分で作りたい」という人にもおすすめのサイトです!

 

このように、スワッグは

  • フラワーショップ・インテリアショップ
  • ハンドメイドサイト
  • インスタグラム
  • ネットショップ

など様々な方法で購入ができます。

スワッグは種類が豊富で可愛いものがたくさんあるので、ぜひいろいろ見比べてお気に入りを見つけてみてください♪

 

まとめ

スワッグとは!?

  • ドライフラワー
  • 生花
  • プリザーブドフラワー
  • アーティフィシャルフラワー(ハイクオリティな造花)

で作られた、お花や植物を束ねて壁にかける飾りのこと。

花束との違い

  • 花束は見た目が最も映えている部分を正面として飾っていることが多いが、背中側も立体的。
  • スワッグは壁に飾ることが目的なので、ゆらゆら動いてしまってデザインが崩れるのを防ぐために背中側が平ら。

スワッグのおすすめの飾り方

  • 壁にかける
  • 棚などに置く
  • 立てかけたりかごに入れる

などがおすすめ。

スワッグの購入方法4選!!

  1. フラワーショップ・インテリアショップ
  2. ハンドメイドサイト
  3. インスタグラム
  4. ネットショップ

 

今回、記事を書くのに色々なスワッグを見て、

「これは玄関に飾ったらかわいい」「これは廊下に飾ったらかわいい」と想像してわくわくしてしまいました(笑)

私は子どもが2人とも小さいので壁に飾れると、手が届かないので嬉しいなと思いました。

 

色々な種類や飾り方があるので自分の家に合った飾り方ができるのと、

シンプルな色味のものが多いのでどんな部屋にも合うのが魅力的ですよね♪

 

季節に合わせてスワッグを変えると部屋の雰囲気も変わるのでおすすめですよ(^^)

 

ぜひ、自分の家に合うスワッグを見つけて、部屋を少しお洒落にしてみてくださいね!!

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です