忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

小学生の時の習い事~ピアノ~

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんおはようございます、たえです。

今日は、

「小学生の時の習い事~ピアノ~」

 

の、お話をしたいと思います。

 

怖かったピアノの先生

私が小学生の時って、

“音楽教室”とか“ピアノ教室”がものすごくたくさんあって、

まだ塾とか勉強系の習い事って公文ぐらいしかなかったんです。

 

そして、女の子はなぜかピアノを習っている子が多かったんですよね。

 

私も音楽が好きだったので、

「ピアノを習いたい」

と両親に言って、習わせてもらうことにしました。

 

近くにいる親戚の家の向かい側の家で、

ピアノの先生をやっている方がいらっしゃったので、

親戚の家に近く、親戚がよく知っているってこともあって、その先生を選びました。

 

その先生の見た目はすごく美人で、

ちょっと怖そうなイメージだったんですが、

その先生に習うことにしたんです。

 

実際どうだったかっていうと、

本当にその先生はすごく怖かったんです。

 

『次ここやってきて、練習して来て』って課題が出ると、

(それを練習してこない私がもちろん悪いんですけど)

出来ないともう怒られて怒られて、しまいには

『何で出来ないの?何でやって来ないの?』

ってすごく言う先生でした。

 

多分今だったら問題になりそうな事なんですけどww

ピアノを弾く手は手首が下がったらいけないのですが、

手首が下がらないように下からボールペンを立てられたり、

音を伸ばす時にペダル踏むんですけど、

私が踏んでいるペダルを私の足の上からペダルをその先生が踏んだり、

(ペダルの使い方を教えてくださろうとしたんだと思うんですが)

結構雑な教え方というか、怖い教え方っていう感じだったので、

私も逆に怖くなってしまって、全然上手くならなかったんですね。

 

怖いので家で練習して行くんですけど、

なかなか上達しなかったです。

 

でもせっかく習わせてくれた両親に「嫌だ」とも言えず、

小学6年生まで続けるんですけど、なかなか上手くなれなかったんです。

 

中途半端に終わってしまう

私の父や母ってピアノって言うと

“エリーゼのために”とかが

「簡単に弾けるもんだ」と思っていて、楽しみにしてたんですよね。

スポンサーリンク

 

だけどピアノって意外に基礎からすごくやるので、

「なんか聞いててもつまんない」みたいな感じになってしまっていました。

 

その当時って私の家の近所でもピアノを習っている子がいたり、

家の隣の子がエレクトーンを習っていたんですね。

 

エレクトーンってドラムでリズムをつけられたりとかしていて、

最初から結構いろんな曲が弾けるので、

すごい楽しそうでした。

 

エレクトーンが聞こえてくる度に「エレクトーンいいなぁ」とか思ったり、

父や母も「楽しそうだね」って言ったりしていたので、

やっぱり楽しいっていうふうに思えなくて

すごくもどかしかった

ですね。

 

中学校に上がる前に

その先生のところのピアノは辞めたんですけれども、

結局何か弾けるといっても代表的な有名な曲が弾けるわけでもないです。

 

自慢できる得意のものとして『特技ピアノ』って書けるかって言ったら

そんなに書けませんでした。

 

中途半端な感じで終わってしまったので、

気持ちのいいものではなかったような気がします。

 

今、当時を振り返ってみると・・・

短大に行って保育科に入った時にピアノはやっぱりやるんですけど、

その時にすごく役立ったので、それは良かったと今では思っています。

 

私も最近

『褒められることがすごく大事だ』

という話をするんですけど、

 

それを今考えると、

「この時全然褒められなかったなぁ」っていうのがすごく思い出に残っています。

 

怒られたことしかないんですね。

ピアノを習っていた頃を思い出すと、その先生の怖い顔しか思い出さないので、

「褒められる方が伸びるんだろうなぁ」

 

って今になってすごく思います。

 

まとめ

今もピアノに関してはすごく悔しいというか

「もうちょっと弾けるようになってればよかったかなぁ」

と思うんですけど…だからと言って無駄ではなかったと思います。

 

やっぱり

褒められることって重要なんだなと感じます。

 

今日はそんな話でした。

以上です、ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.