終活で断捨離をしてあなたも家族もハッピーに!!やり方やポイントは??

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

こんにちわー!ライターのみどりです。

1歳の娘にメロメロの、アラサー主婦なんですが、

現在、在宅でwebライターのお仕事をしながら、育児に励んでいます。

 

みなさんは、『終活』ってしてますか??

正直私は、今まで考えた事もありませんでした。

 

しかし、自分にも子供が出来て、自分が亡くなった後の事を考えると、

持ち物などの整理はしておいた方がいいだろうなぁと、

荷物で溢れかえった部屋を虚ろな目で眺めながら、終活について調べています(笑)

 

というわけで、今回は、

終活での断捨離についてお話ししたいと思います。

 

終活を始める時に、最初に考える事と言ったら『断捨離』ではないでしょうか?

・残された家族のためにも整理しておきたい

・見られたくないものは処分しなくちゃ

・元気なうちに片付けておこう

と考えている人も、たくさんいると思います。

 

とはいえ、いざ断捨離をしようと思っても、

・捨ててしまってから後悔したくない

・手放してもいいものと、そうでないものの判断が出来ない

・そもそも、どこから手を付けたらいいのかわからない

と悩んでしまいますよね?

 

わからないからと言って、後回しにしてしまえば、

いざやろうと思った時に、体力がなくて自分で出来ないから、

業者に高いお金を払って、やってもらわなければならないかもしれません。

 

わからないまま捨ててしまって、実は必要なものだったり、

逆に捨てなかったことで、残された家族が困ってしまうものだったりすることもあります。

 

そうならないためにも、終活での断捨離について理解して頂き、

しっかりと荷物を整理することが出来れば、

これからの人生も、スッキリとした気持ちで過ごせますよー!!

 

終活で断捨離をするメリットは?

まず、終活で断捨離をするとたくさんのメリットがあるので、

そのメリットについて、詳しくご説明したいと思います。

 

そもそも終活とは、自分の死を意識して、人生の終わりを迎えるための準備をしたり、

死後に向けて、人生の締めくくりをしたりする活動のことです。

死後の事を考えて断捨離をするなんて、あまりいい気持ちはしませんよね。

 

でも、メリットがたくさんあれば、終活で断捨離をする意欲が沸いてくるのではないでしょうか?

 

では、メリットについて1つずつ見ていきましょう!

1.部屋が片付く

当たり前ですが、物を捨てるということは、部屋が片付くということです!

年齢を重ねるに連れて、物が増え続けていくと思います。

 

片付けられず、床に物が散乱している状態だと、転倒する危険もありますし、

積み上げられた荷物が、崩れてくることによるケガのリスクも増えます

荷物が部屋を圧迫していると、気持ち的にも沈んでしまう原因にもなるのです。

 

しかし、断捨離をして物が減り部屋が片付けば、圧迫感もなくなり、

体にも心にも、良い影響が出るようになりますよね!

2.前向きな考え方になる

自分の身の回りの物を整理すれば、気持ちがスッキリして、リフレッシュ出来ます。

なぜならば、持ち物と向き合う事で、思い出を振り返ることが出来るからです。

 

嬉しかった思い出の品は残し、悲しい思い出、辛い思い出の品は捨てる。

この作業を繰り返すことで、物と同時に心の整理も出来るので、

 

気持ちがスッキリして、前向きになれるというわけです。

3.残された家族の負担を減らすことが出来る

人が亡くなると、残された物は全て遺品になります。

 

基本的に残された家族が遺品の整理をすることになりますが、

悲しみで心身共にダメージを受けているなか、多くの遺品を整理しなければならないというのは、

遺族にとって大変な負担になると言えるでしょう。

 

終活で断捨離をしていないと、

・必要な書類など、どこにあるのかわからなくなってしまう

・荷物が多すぎて、整理するのにすごく時間がかかってしまう

ということもあります。

 

業者にお願いしたとしても、依頼をしたり、立ち会ったりする必要もあるので、

遺族にとって、時間的にも金銭的にも、負担になってしまうのです。

 

しかし、終活で断捨離をして、必要最低限の物だけを残しておけば、

スムーズに必要な書類を見つけることが出来ます。

荷物も少なくなっているので、整理に時間がかからなくて済み、負担が減るということです。

 

このように、終活で断捨離をすることは、残された家族のためにもメリットがあり、

自分のためにもメリットがある、ということが言えます。

 

特に大事な家族のためになるのであれば、終活で断捨離はやっておいた方が絶対良い!!

と思えるのではないでしょうか?

 

私は、自分のためだけだとなかなか行動に移せないタイプなんですが、

大事な家族に負担をかけたくないなぁと思うと、出来そうな気がしてきます!

 

断捨離のやり方とポイント

メリットがわかったところで、次は断捨離のやり方とポイントについてご説明します。

具体的なやり方やポイントがわかっていれば、よりスムーズに断捨離を行うことが出来るからです。

 

まずは、やり方から見ていきましょう!

断捨離のやり方

1.計画書を作る

多い荷物をやみくもに捨てようとすれば、行き詰ってしまいスムーズに進みません。

なので、

・どの部屋から始めるのか

・どの種類から始めるのか

を書き出し、しっかりと計画を立てて捨てることが大切なのです。

2.実際に物を分類していく

分類するものは、

・とっておく大切なもの

(必要な書類や通帳、使用中の家電や家具、服や鞄など)

・いらない捨てるもの

(読まない雑誌や本、使っていない家電や家具、食器など)

・悩んでいて保留にするもの

(リサイクルショップで売れそうなもの、思い入れがあるもの)

これらを、ごみ袋や段ボールなどにそれぞれ入れていきます。

 

保留にしたものは、後でもう一度検討し直しましょう。

基本的に、今使っていない物は、無くても問題ない物という証拠です!

それらは捨てて、高価な物であれば、リサイクルショップなどに買い取ってもらうといいですね。

3.相続するものはリストにしておく

とっておく物の中で、相続するものがあればリストにしておくと、

残された家族にとっても、わかりやすいので、断捨離の一環としてまとめておくといいと思います。

例えば、預貯金の通帳や、不動産の権利証があげられます。

4.持ち物をなるべく増やさないようにする

断捨離をした後は、持ち物を増やさないようにすることも大事なことです。

 

片付いてスッキリした家を見ると、これくらい大丈夫だろうと、また荷物を増やしてしまいがちです。

それでは、また断捨離をやり直さなければならないので、意味がありませんよね?

 

一つ物が増えたら、一つ捨てるという考えを持って、断捨離をした後は、

なるべく、自分で管理出来る範囲の物で生活をするようにしましょう。

断捨離のポイント

断捨離をする上で、大事なポイントがあります。

断捨離で後悔をしないためにも、ポイントを掴んでおきましょう!

1.自分の意志で捨てる

断捨離はただの片付けだけではなく、心を整理するための時間でもあるのです。

自分が納得して、執着しなくなった物を捨てることが断捨離になります。

 

だから、自分の意志で捨てることが大事というわけです。

 

どうしても体力がなく、誰かに手伝ってもらう場合でも、捨てる時は必ず立ち会いましょう。

スポンサーリンク

勝手にいらないと判断されて捨てられてしまうと、トラブルの原因にもなりますからね。

2.気軽に捨てられる物から取り掛かる

思い入れがある物は、なかなか捨てることができないものです。

最初は、チラシや包装紙など明らかにごみだと思うものから取り掛かると、

捨てることに慣れてきて、だんだんと物への執着が減ってくるのでオススメですよ!

 

長年溜まっていた荷物には、思い出がいっぱい詰まっていると思います。

その思い出を、懐かしんだり、悲しんだりすることが大事なのです。

その気持ちを無視して断捨離をすると、後悔することもあるでしょう。

 

確実にいらない物から捨てるだけでも、少しずつ綺麗になってくるので、

達成感が生まれて、前向きに断捨離に取り組むことが出来るようになりますよー。

3.よく使っている部屋から始める

寝室や、リビング、キッチンから始めるのがオススメです!

よく使う部屋だからこそ、断捨離で綺麗になったことを目に見えて実感出来るからです。

 

荷物が多く詰まった、押し入れなどから始める人も多いですが、

結果が見えにくいので、長続きしないのです。

だから、結果が実感しやすい部屋から始め、やる気を出して断捨離を進めていきたいですよね!

 

断捨離のやり方とポイントをご説明しましたが、

これで大まかな流れがわかって、スムーズに断捨離を始められるのではないでしょうか?

 

私は、片付けるのが苦手で、ついつい余計な物までとっておいてしまうことがあるので、

終活で断捨離をする時に苦労しないよう、普段からいらないものは捨てることも大事だと思いました。

 

終活で断捨離をする時の注意点

断捨離をする時に、注意しなければならないこともあります!

ここでは、終活で断捨離をする時の注意点をご説明します。

 

断捨離は終活以外でも行われていますが、終活で断捨離をするということは、

ただ荷物を減らせばいい、ということではないからです。

 

断捨離をしてから後悔しないようにするには、何に注意すればいいのか見ていきましょう!!

断捨離しすぎない

勢いであれもこれもと捨ててしまうと、その後の終活に影響が出てしまいます。

特に積み上げられた書類は、よく確認しないで捨ててしまうと大変なことになります。

 

不動産や金融関係の書類は、再発行するのも難しいものが多いので、

必要な物なのかわからない場合も、ひとまず手元に保管しておいた方が安全です。

 

その他に、保管しておくといいものは、

・給与明細(2年分)

・医療費の領収書(5年分)

・保険証書

などがあります。

 

まず、重要そうな書類に手を付ける時は、捨てすぎないように気を付けて断捨離を行いましょう!

残された家族の立場になって考える

メリットの所でも、残っている荷物が少ない方が家族の負担が減るという話をしました。

 

断捨離をして残った荷物は、自分が亡くなった後、遺品として最終的にご家族が管理します。

処分に困るものを残してあったり、多くの荷物で溢れていたりすると、

管理するご家族の負担が大きくなってしまいます

 

断捨離をしていると、どうしてもなかなか捨てれない時もあると思いますが、

最終的には残された家族の負担を考えて、出来るだけ荷物を減らして、

管理しやすいようにしてあげるのも大切なんです。

 

逆に、自分にとってはいらない物でも、家族にとっては残しておいてほしい物だったり、

形見にしておきたい物かもしれませんので、家族の意見も聞いて断捨離をしていくといいでしょう!

 

このように、終活で断捨離をするということは、後の事を考えて、

捨てる物、残しておく物に注意して、断捨離しなければならないんです。

 

私は以前、部屋の片付けをしていて捨ててしまった漫画を、後でどうしても読みたくなって、

買い直した事がありますが、終活の場合はそういうわけにはいかないですからねー(笑)

後悔の無い断捨離をしたいですね!!

 

何歳から終活のために断捨離を始めるべき?

終活で断捨離をする必要性はわかってきたと思いますが、実際に何歳から始めるのがベストなの?

と疑問に思った方もいると思います。

それは、終活に興味を持ち、この記事を読んでいる『今』から始めるのがオススメです!

 

終活のために断捨離をしようと思う人は、

・自分の身体に不自由さを感じた時

・施設に入居することになった時

などがきっかけとなっている事が多いようです。

 

しかし、そんな中で断捨離を行っても、

・体力がなくて思うように片付かない

・慌ただしくて、気持ちが整理できない

ということになり、断捨離をしてから後悔してしまうかもしれませんよね?

後悔しないためにも、断捨離をするには体力や気力は必要なんです!!

 

と言っても、子育てをしている方や、働いている方は、

忙しくてなかなか始められない人もいると思います。

 

定年退職をされている方で、時間と生活に余裕があれば、すぐに始められますが、

そうでない場合は、年末の大掃除を少し早めに始めたり、

毎日少しずつプチ断捨離をしたりするだけでも違いますよ!

 

悲しい話ですが、人はいつ“もしも”の時が来るかわかりません

後回しにしているうちに病気になってしまったり、認知症になってしまったりすることもあります。

 

元気だしまだいいや!ではなく、元気だからこそ今のうちに始めるのがいいでしょう!

 

まとめ

終活で断捨離をするメリットは?

1.部屋が片付く

2.前向きな考え方になる

3.残された家族の負担を減らすことが出来る

というメリットがあります。

 

自分のためにも、家族のためにもメリットになる断捨離は、

やっておいた方が絶対にいいと言えますよね!

断捨離のやり方とポイント

断捨離のやり方は、

1.計画書を作る

2.実際に物を分類していく

3.相続するものはリストにしておく

4.持ち物をなるべく増やさないようにする

という流れで進めていくといいでしょう。

 

ポイントとしては、

1.自分の意志で捨てる

2.気軽に捨てれる物から取り掛かる

3.よく使っている部屋から始める

ということが大事です!

 

このやり方で、ポイントを掴んで断捨離していけば、

スムーズに取り掛かることが出来ますよー。

終活で断捨離をする時の注意点

断捨離をする時に注意しなければいけないことは、

断捨離しすぎないことと、残された家族の立場になって考えることです!!

 

断捨離をして後悔しないようにしたいですよね!

そのためにも、捨てる物と、残しておく物を意識して断捨離をすることが大事です。

何歳から終活のために断捨離を始めるべき?

何歳からということはなく、終活に興味を持った時で、

体力や気力がある、今から始めるのがオススメなんです!!

 

後回しにして、苦労しないように、元気なうちに始めておくといいですね。

 

片付けるのって面倒くさいし、大変なので、

ついつい、後回しにしてしまいたくなる気持ちはわかります。

なので、無理はせず、自分のペースで進めるといいですよー!

 

私も、これから少しずつ断捨離していって、

最愛の娘に、苦労をかけないようにしたいなぁと思います。

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です