初心者でも失敗しない多肉植物を育てる方法! 〜特性や種類も紹介〜 

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

みなさん、こんにちは。ライターのナナです。

私は関東で歌を歌う仕事や音楽の仕事をしていましたが、

今年父の介護が必要となり在宅が多くなってきたため

ライターとしても活動しています。

 

今まで、プリザーブドフラワーやドライフラワーのお花に関する記事を書いてきましたが

 

今日は、

初心者でも育てられる『多肉植物』についてリサーチして書いていきたいと思います!

 

・そもそも多肉植物ってなんだろう?

・多肉植物ってよく育てやすいと聞くけど、どんな風に育てればいいのか?

・育て方を間違って多肉植物をダメにしてしまった…。

・色々な多肉植物の種類が知りたい!

こういった悩みに答えていきたいと思います!

 

育てやすいとよくきく多肉植物ですが、

その時期によっての水のやり方などがあったり

種類によって育てるのが難しいものなどもあるので、

これを知っておくと上手に多肉植物を育てることができるかもしれません。

 

少しの知識をつけて育ててみると、個性的な見た目がおしゃれなので

お部屋のインテリアのアクセントになったり、

お庭もボタニカルな雰囲気になること間違いなしです!

 

この記事を読んで、初心者でもチャレンジして育ててみよう!

と思ってくれたら嬉しいです!

 

そもそも多肉植物とは何なのか?

多肉植物といえば、サボテン…アロエ…

この二つしか私は知りませんでした笑。なんという無知!な私ですが、

リサーチしてみると本当にたくさんの多肉植物があることがわかりました!

 

多肉植物は主に熱帯地方を中心とした乾燥している地域

砂漠や海岸地域に生息しています。

 

多肉植物は変わった形の葉が多く過酷な気候(乾燥)に耐えられるよう

茎や葉に水を蓄えるようになったと言われています。

 

その為乾燥に強く水やりの回数が少なくて大丈夫なため

育て方が簡単で、初心者が育てるのにも適していると言われています。

 

初心者にも育てやすいということから、一種のブームにもなっていて

様々なところで見られるようになりましたよね。

今では100円ショップなどでも売っています。

 

私はIK◯Aで3つセットになっていた、ミニ多肉植物を買ったことがありますが

放置しすぎてダメにしてしまったことがあります。

 

植物の特性などを知って初心者でも育てられる多肉植物をこれから見ていきましょう!

 

初心者でも失敗しない!育てやすい多肉植物 〜特性も紹介〜

まず多肉植物には3つの種類に分けることができます。

種類によって成長期と休眠期で、置き場所や育て方が少し違ってきます。

春秋型

春と秋が成長期夏は休眠期

水やりは、成長期乾いていたらたっぷり与えましょう休眠期は水やりはなしです。

 

置き場所は、成長期の時は風通しの良い日向におくこと

休眠期は日当たりの良い室内におきましょう。

 

代表的な多肉植物は、

セダム、グラプトペタラム

 

エケベリア

などで、初心者でも比較的育てやすいようです。

夏型

夏が成長期冬〜早春までが休眠期です。

春から秋は乾いていたらたっぷり水やりを!休眠期はお休みです。

 

置き場所は、夏から秋は風通しの良い日向に、休眠期は日当たりの良い室内に置きましょう。

 

代表的な多肉植物は、

アロエ、カランコエ

 

アガベ、サンセベリアです。

冬型

冬〜春にかけて成長期、そして真夏が休眠期になります。

水やりは、成長期に入る11月くらいから土の表面が乾いたら与える程度

夏は断水気味で育てるのがポイント。

 

置き場所は、基本日当たりの良い室内で育て、

春から夏にかけては半日陰で育てるようにします。

 

代表的な多肉植物は

リトープス、コノフィツム

です。なんか変わった石みたいなコロコロとした多肉植物ですね。

 

あれ〜?サボテンは〜?って思いませんでしたか?

私は思いました!笑。

 

なんとサボテンは多肉植物の1種ではあるのですが、

園芸用品のお店では『多肉植物とサボテン』と分けられることが多く

その違いは、棘があるかないかで分類されるそうです。

 

棘のある(刺座)、もしくはアレオーレと呼ばれる棘の生え際にある綿毛をもつサボテンが

多肉植物に分類されるようです!

これは私も知らなかったです!

 

多肉植物を育てるポイント!

多肉植物にが3つのタイプがあることを上記で書いてきました。

育てたい多肉植物がどのタイプでどういう特性があるのかを調べて

その植物にあった育て方をするのもポイントです。

 

そしてつい初心者がやってしまう、多肉植物を枯らしてしまう多くの失敗例が、

水やりのしすぎです。

 

やはり最初は水やりのタイミングが掴めずお世話をしすぎちゃう場合が多いのでしょう。

多肉植物は茎や葉に水分を蓄えているので、乾燥にはとっても強いですが

湿気にはとっても弱いのです。

 

そんな中に水やりをたくさんしすぎてしまうと、中の水分が蒸発しきる前に水を与えてしまい

土の中が蒸れて根が腐って枯れてしまうのです。

 

土が完全に乾いてしまってから、水を与える成長期には水をあげるようにするのがポイントです。

 

そして用土も、多肉植物用を使った方がいいです。

 

鉢底には水はけをよくするために、鉢底石を入れておくといいでしょう。

 

丈夫な植物なので、肥料は基本的には必要としませんが

成長期に肥料を使うと成長を促せられます。

その場合は効き目がゆっくりの緩効性肥料土の上に置いておくといいそうです。

 

肥料効果は長く続くそうなので、2〜3ヶ月間隔をあけて使用しましょう。

成長期には不要です。

 

そしてやはり植物を育てる上であるこの問題…病気と害虫です!

いくら育てやすいといえど、虫の心配や病気はノープロブレム!なんてことはないです。

 

湿気が高い梅雨時期に、茎や葉に黒い斑点が生じる『黒斑病』というのにかかりやすくなります。

これにかかったりしても枯れることはないのですが、なんてったって

見た目はとっても悪いですよね…。

 

かかってしまったら新しい葉が生えてくるまで待ちましょう。

 

そしてつきやすい害虫ですが、カイガラムシが多肉植物にとって天敵です。

栄養を全て吸い取ってしまい最悪の場合枯れてしまいます。

ついてしまったらブラシやピンセットで落としましょう。

 

湿気を好む害虫ですから、

多湿になりにくい風通しの良いところで栽培すると害虫対策になります!

試してみてくださいね。

(キモチワルイので虫の画像はあえてつけません。笑。)

 

まとめ

そもそも多肉植物とは何なのか?

多肉植物は、

主に熱帯地方を中心とした乾燥している地域、

砂漠や海岸地域に生息。

変わった形をした葉が多く、過酷な気候(乾燥)に耐えられるように

茎や葉に水を蓄えるようになった

と言われていました。

 

なので乾燥に強く、水やりの回数が少なくていいため

育て方が簡単で、初心者に向いていると言えるのでした。

初心者でも失敗しない!育てやすい多肉植物 〜特性も紹介〜

多肉植物はこの3つのタイプに分けられるのでした。

・春秋型…春と秋が成長期、夏は休眠期。

・夏型…夏が成長期、冬〜早春まで休眠期。

・冬型…冬から春が成長期、真夏は休眠期。

 

成長期は土が乾いていたらたっぷりと水やりをして、休眠期は水やりはお休みです。

置き場所も成長期は風通しの良い日向に、休眠期は日当たりの良い室内に置きます。

 

冬型だけは少し違って、

水やりは成長期に土の表面が乾いたら与える程度で、夏は断水気味

置き場所は基本日当たりの良い室内で育て春から夏にかけては半日陰で育てるようにするといい

とのことでしたね。

 

初心者でも育てられる多肉植物はそれぞれ、

・春夏型…セダム、グラプトペタラム、エケベリア

・夏型…アロエ、カランコエ、アガベ、サンセベリア

・冬型…リトープス、コノフィツム、

でした。ここに挙げているのは本当に一部です。

 

サボテンは多肉植物の1種ではありますが、

棘のある(刺座)、もしくはアレオーレと呼ばれる棘の生え際にある綿毛をもつもの

サボテンでも多肉植物に分類されるとのことでした。

多肉植物を育てるポイント!

初心者が失敗してしまう、多肉植物を枯らしてしまう多くの原因が

水やりのしすぎでした。

 

多肉植物は乾燥には強いですが、湿気にとても弱く

水やりをしすぎてしまうことで中の水分が蒸発しきる前に水を与えることになり、

土の中が蒸れて根が腐って枯れてしまうのでした。

 

そして用土は多肉植物用を、肥料は基本的に使わなくてもいいですが

成長期に成長を促すために使うのもポイントでした。

 

肥料効果は長く続くので、2〜3ヶ月間隔を開けてから使用したほうがいい

ということでした。

休眠期は不要です。

 

そして病気は『黒斑病』という葉っぱが黒くなってしまう病気になりやすいので、

かかってしまったら新しく葉が生えてくるまで待ちましょう!

 

害虫もカイガラムシという害虫が天敵で、

栄養を吸い取ってしまい枯れてしまう場合があります。

多湿になりにくい風通しの良いところで栽培すると害虫対策になります。

 

いかがでしたか?

多肉植物も調べてみると、とてもたくさん種類があることもわかりました。

 

お世話があんまり必要ないからこそ、少しの特性を知っておくと

うまく育てられることでしょう!

この機会に、多肉植物を育ててお部屋やお庭をボタニカルな雰囲気にしてみませんか?

今日も長い文章を読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です