忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

テレビドラマや映画に引き込まれる理由

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは、たえです。

今回は、

テレビドラマや映画に引き込まれる理由

 

ということをお話ししたいと思います。

 

私自身も、テレビドラマはすごく好きなので、

この話を聞いたら、

「なるほど!」と納得したんですよね。

 

人気作品には、共通点がある

例えば、テレビドラマや、人気のある映画には、

なんで引き込まれる理由があるかって言うと…

共通の形があるって言うことなんですね。

 

それがどんなものかというと、

大体、

主人公の日常生活があって、

そこに、ある「非日常」が訪れて、

そーすると、主人公が盛り上がったりしますよね。

 

\そこで大切なポイントが/

順調な未来に進むと思うと、

必ずそこで挫折をするんですよね。

 

それで、挫折で終わってしまっては、

ちょっと話としては面白くないので、

これを何とかして、挫折を乗り越える

 

って言うのは共通点としてあると思います。

 

挫折してもなかなか立ち上がれなくて、

「うまくいったー!」ってなって、

大体がハッピーエンドに終わるっていうのが典型的な形だと思います。

 

 

一定の形があって、作品は成り立つ

そう考えると、

ある一定の形に沿って、映画やドラマっていうのは作られてきた

 

っていうことが分かるのではないでしょうか?

 

これは本当に、

私たちが小さい頃から読んできた、

「絵本のストーリー」なんかもそうだと思います。

 

全部順調!という絵本は、

まずなかったのではないかと思いますね。

 

紆余曲折があって、成功をつかむストーリーになっているんですよね。

 

だから感情が動くっていうことで、

そんな物語の構成によって作られている。

って言うことなんですね。

 

作品と自分の人生

自分の人生に例えてみる

そうすると、

人生もドラマと一緒で、

ずっといいことばかりじゃ物足りない

っていうふうに思いませんか?

 

でも、

ずっとうまくいかないことばかりではきついので、

ある程度うまくいかないことがあったぐらいの方がいい。

とも言われますよね。

 

でも、

スポンサーリンク

ずっと悪いことばかりって言うドラマもないですし、

悪くても、最後には絶対に明るく終わるから盛り上がる

ということで、

 

私たちの人生も、

ずっと悪いって言うんじゃなくて、きっと良い方向に進んでいくのではないかと思います。

自分の行動も変えてみる

また、どうして私達が、

ドラマとか映画が好きなのかというと、

自分が努力するよりも、ドラマとか映画を見たりするのって「楽」ですよね。

 

でも、そのドラマや映画を見ても、

自分の現実っていうのは実は何も変わっていない

というちょっと厳しいお話になってしまいます。

 

でも、

その気持ちが映画やドラマの中で盛り上がって、

自分もその中みたいにチャレンジできたら、

現実って変わってくると思います。

 

でもほとんどの方が、

「楽しかった!面白かった!」で終わってしまいますよね。

 

その映画やドラマから見た感情で、

自分の行動を変えると意味がある

ということなんです。

 

なので、

ドラマや映画などの作品から影響を受けたら、

自分のアクションもどこかで変えてみると、

自分が変わる瞬間が来るかもしれない。

ということなんですよね。

行動すれば、チャンスが訪れる

映画とかドラマを見て、終わり!じゃなくて、

良い影響を受けたら、なにか一つ、

新しい行動にチャレンジすると良いかと思います。

 

チャレンジの回数が多ければ多いほど、

自分の未来、人生が変わるチャンスが訪れるのではないでしょうか?

 

ということは、

「本当に自分の人生というのを変えるのは自分で、自分を楽しくさせるのも、他の人じゃなくて自分だ」

っていうことになんです。

 

まとめ

ドラマを見たり、映画を観ることは

全然悪いことではないし、すごくいいことだと思います。

 

でも、

何かそこから得た感情を、

行動に移して、

新しいとこまでチャレンジできたら、

すごい、人生も変わっていくのではないか

 

っていう話でした。

どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.