忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

近い人が亡くなった時の一番つらい時間

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは。たえです。

今回は、近い人が亡くなった時の一番つらい時間

 

というお話しをしたいと思います。

 

遺族がすること

私は実際に経験するまで、身近な人が亡くなった時は、

やっぱりその瞬間が一番辛いのではないかな。

っと思っていました。

 

ですが、母が亡くなったとき、特に実感したことがあります。

それは、本当に亡くなった瞬間ももちろん悲しいです。

 

辛いですし、悲しいんですけど、

亡くなったときっていうのは、その後にやる事がどんどん出てくるわけです。

 

亡くなった直後

例えば、病院で亡くなった場合は霊安室に連れていかれて、

次にお葬式の手配があるので、一旦葬儀屋さんが家に連れてきてくれます。

 

その後も、

葬儀屋さんが出入りしていろんな準備が行われたり

葬儀に関しての打ち合わせがあったり

近所の人が見ていて気づきすごい来てくれたり

そういうふうに、いっぱい人がいるんですよね。

 

なので辛いんですけど、意外に気持ちって紛れるのだなと感じました。

 

色々な段取り

本当にいろんな段取りがあって、

お通夜やお葬式にも人がいっぱいいるので、

もちろん悲しいんですけど、気持ちって紛れます。

 

気持ち的には、辛いってよりも悲しくて、

でも周りの皆さんに助けられて、励まされて、

自分を保てられるっていう感じがしました。

 

実感するとき

お葬式が終わると、火葬場に行きますが、

その火葬場あたりから、本当に親しい人と身内だけになるので、

だんだん人が少なくなってしまうんですよね。

 

なので火葬場あたりから実感が湧いてきて、

火葬場に入って、骨になってしまうと

全然形って違うわけじゃないですか。

 

それで小っちゃくなってしまって、それを持ち帰って自宅に帰った時に

スポンサーリンク

あぁ、ここからが本当に辛いな…

 

と思いました。

特に母の時は、母の田舎から賑やかな親戚がたくさん来ていて、

うちの実家に泊まっていたんです。

 

2週間くらいずっと泊まっていたのですが、

みんな葬儀が終わったと同時に帰っちゃったんですよね。

 

そうすると残された人間って、父と私と兄だけになってしまって

そこからが一番辛いんだって本当に思いました。

 

もう気が紛れることもなくて、実感がここから湧いてきて

本当にいないんだって気持ちになってしまうんですよね。

 

一番つらい時間

主人が亡くなった時、もう母のことが頭にあって

一番辛い時間がわかっていたので、

 

あぁ、このお葬式やお通夜の時は結構大丈夫だけど、

家に帰って骨になってしまった状態を見た時に、辛さが来るんだろうなと思いました。

 

そしてやっぱり、その時にすごく実感しました。

 

でも母の時との違いがあって、

母が亡くなった時私は、まだ長男がお腹にいる状態だったので

 

気もそんなに紛れなかったんですけど、

主人の時は、子どもがまだ4歳と11歳でした。

 

子どもたちももちろん、父親が亡くなったことは悲しいですけど、

学校があったり、子どもの日々の生活・習慣っていうのは崩れないので、

変な言い方ですけど、助かったと思います。

 

まとめ

本当に実感してわかることなんですが、

もし、

どなたかが亡くなったり、

身近な人がお葬式をされているときに

あぁその後が辛いんだろうな…

 

ということ事分かっていただけたらいいなと思い、

この話をさせていただきました。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.