忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

私の父と母を繋げた叔母の話

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

みなさん、おはようございます。たえです。

今回は、

「私の父と母を繋げた叔母の話」をしたいと思います。

 

母の実家へ

これは私の小学四年生頃の話になります。

 

母は田舎の方に実家があって

いつも夏休みは母の実家に私と兄と母で

1ヶ月ぐらい母の実家に行ってたんですね。

 

それは母の実家の農家の

田んぼとか畑を手伝うために1か月と帰る

っていう感じでいつも夏休みに行ってました。

 

その時は、なぜか4月の春休みに行ったんですね。

 

母の実家に私と兄と母で行ったんです。

 

でも私も子どもだったので

なんかおかしいとかじゃなくて、

田舎に行けるので嬉しかったという気持ちがありました。

 

1本の電話が運命を変えた

その時に夕方一本の電話が入ったんですね。

 

父の兄のお嫁さんなので私からすると祖母になるんですけど、

祖母が事故に遭ったっていう電話が入ったんです。

 

しかも叔母はその時42歳で

いつも横断歩道を使わないで道路を渡って仕事場に行っていたんです。

 

いつも信号なんか使わないのに

その日はたまたま横断歩道を使ったそうなんです。

 

たまたま横断歩道を使ったにも関わらず、

 

曲がってきた車に巻き込まれて、

事故に遭ってしまったって言う話の電話がかかってきました。

 

最初は「助かる」って言われてたんですけど、

その2時間後くらいにまた母の実家に電話が入って

スポンサーリンク

今度は亡くなったっていう話だったんですね。

 

泊まるはずだったと思うんですが、急遽

母の実家から私と兄と母は帰りました。

 

そのまま、叔母のお通夜と告別式に出席して、自宅に戻ったんですね。

でも私も、兄も何も不思議には感じていませんでした。

 

叔母が父と母を繋げてくれた

それも後々聞いた話なんですけれども、

そのとき母はなぜ春に実家に帰ったかっていうと、

 

父との離婚を考えて離婚を決意して私と兄を連れて

まず、実家に帰って実家のお母さんとちゃんと話をしようと思って帰ったらしいんですね。

 

だけどそこで叔母さんの事故があって、また戻ることになって

それで父と母は

私の叔母が繋げてくれたっていうか

やっぱり帰りなさいっていう風に

してくれたんだと思って、

その叔母の死によって父と母はやり直すことにしたそうです。

 

なので叔母に繋げられたっていうか

「叔母の死によって、父と母は離婚しないでいた」

って言う、叔母もそういう気持ちではとかは思わないですけど、

何かそういう運命だったのかな…と思います。

 

 

まとめ

私もすごく好きな叔母さんだったので

その叔母さん死はショックだったんです。

 

でも、あとからそんな話を聞いて

叔母さんのおかげで父と母は別れずに済んだんだな

 

っていう風に思っています。

今日はそんな話でした。ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.