忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

長男から学んだ「習慣化」すると良いこと

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは。たえです。

今日は以前、

「習慣化すると無理しなくても出来るようになる」

 

というお話をしたことに関して、私が自分の子供から学んだ話をしたいと思います。

 

長男、大学を辞める

私には2人子どもがいます。

長男が20歳で次男が13歳です。

 

長男の話になりますが、

長男は大学に行ってたのですが2年間でやめました。

やめることをいいふうに思わない方もいると思います。

 

本人曰く、

「自分のやりたいことを自分で見つけたい」

「大学に行っても意味がないんじゃないか」

と考えたらしく、

自分で決めて2年間で大学をやめました

 

長男の生活パターン

私が一番心配だったのは、

大学をやめた次の日からの

長男の行動がどのようになるかっていうことでした。

だらだらと過ごすんじゃないか

何をして良いかわからないんじゃないか

とかいろいろなことを思ってました。

 

しかし、大学をやめた次の日からの長男の生活パターンっていうのは

変わらなかったのです。

・目覚ましをちゃんとかけて起きる。

・午前中に何かやることを決めてやる。

・お昼を食べて、午後からまた何かちゃんとやる。

スポンサーリンク

・夜更かしせずに決まった時間に寝る。

土日だろうが決まった時間に必ず起きて、

習慣化でお話ししたようにルーティンのようにこなしてる。

 

いつも自然に動いているのです。

 

試してわかる

「土日とかにいっぱい寝たくないの~??」

って息子に聞いてみたところ

実は試したらしく

 

土曜日・日曜日に

目覚ましかけないでゆっくり寝てみたことがあったらしいです。

 

そしたら

「体が凄くだるくて 1日 何か変な感じがした」

と言っていました。

 

それから、土曜日、日曜日または祝日でも

必ず同じ時間に目覚ましをかけて起きているのです。

 

息子は全然苦ではないそうで、

・逆に同じ時間に起きる習慣を崩した方が苦しい。

・ちょっと起きる時間や寝る時間をずらしただけでも

自分の体がおかしくなってしまうような感じになる。

という話だったのです。

 

まとめ

実際に習慣化をしている子どもを見て

習慣化するってことは体にも心にも大事なこと

というのがわかりました。

 

何か挑戦をする時に

自分の生活の中で習慣化することによって

無理なくやれる

 

ということを子どもから学んだので

お話をさせていただきました。

 

どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.