忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

ウサギとカメの話

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは。たえです。

皆さんは童話の

ウサギとカメの話

 

をご存知ですか?

 

お話しと結末

ウサギとカメのお話し

ウサギとカメの話って

ウサギに歩みの鈍さをバカにされたカメが

山のふもとまで、

かけっこの勝負を挑むんです。

 

かけっこを始めるとウサギは早いので

どんどん先に行ってカメが

見えなくなってしまいました。

 

ウサギは少しカメを待とうと油断してまして

居眠りしちゃうんです。

 

その間にカメは着実にコツコツと進んで、

ウサギが目を覚ました時にはカメがゴールを

していた‼

というお話なんですね。

どうしてこうなった?

話から例えてみたいと思います。

 

ウサギはして負けたかっていうとカメに対して

ウサギは自分が早い事が分かっていて

 

油断をして眠り始めてしまったために、

大事なことを逃してしまったっていうのがウサギです。

 

カメは自分の能力が低くて歩みが遅くても、

着実に進んでいったことで最終的にウサギに

勝ってゴールできたってことなんですよね。

 

カメを見ていると

コツコツ努力をして継続して、ゴールに着くまで歩いたから

 

成果が得られたってことなんですよね。

 

お話しから伝えたい事

最後まで続けられるか?

コツコツ努力をして継続したからということは、

何事にも例えられることで

能力が低くても

歩みが亀のように遅くても

全然いいと思います。

 

私も特別能力があるわけじゃないですし

進みもすごく遅いですけど

能力とかその進みが遅いというのは別々として

 

最後やゴールまで歩き続けることができるか?

 

が問題であり、一番大事なことだと思います。

ウサギの視点

ウサギはカメをみて油断したことも

もちろんあるんですが、結局、

亀と自分を比べたということ

 

ですよね。

スポンサーリンク

 

他人と比べることってよくないって事を

前にお話ししたと思うんですけど、

他人と比べていいことってないと思います。

 

だいたい他人と比べると

優れた人しか見つからないので

自分がどんどんどんどん落ち込む要素になると思います。

 

カメの優れたところ

他人と比べなかった

カメの良かったところは

周りやウサギと比べるんじゃなくて、

ゴールを見て、過去の自分と比べていたから

確実に確実に歩みをゴールに向けて進めた事

なんですよね。

 

他人と比べるっていうのは良くないことで

 

過去の自分と比べると、どれだけ自分が1ヶ月前と違うか

 

1週間前と違うかっていうことを考える

とすごく大きな歩みとなっていると思います。

 

コツコツ継続してゴールまで進んだカメっていうのは

能力が元々は低くて歩みが遅かったんだけど、

行動を継続してゴールまで向かって進んだから成功できたんですよね。

カメは師匠

ウサギよりもカメのほうが

能力も優れてるし、

スキルも学んでいるし

ウサギを超えたことになっていると思います。

 

何事もちゃんとゴールまでいけるカメのようになれればいいんだ

 

と私は思ってます。

 

自分にも聞かせていることなんですけど

能力や歩みが遅いということなどは、他人と比べてたらキリがない

んですよね。

 

まとめ

自分の能力が低いことや、歩みが遅いことは分かってることで

他人と比べてるんじゃなくて

過去の自分と比べたら少しでも成長しているってことを感じて、

「ゴールに着くまで継続していく」っていうことが大事なんだな

とウサギとカメの話を例えにしてお話ししてみました。

何か響いてくださったらいいなと思っています。

 

ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.