忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

私がライターを辞めたくなった時のこと

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さん、おはようございます。たえです。

今回は

私がライターを辞めたくなった時のこと

 

という話をしたいと思います。

 

私は専業でWebライターとして活動している経験の中で

成功ばかりではなくて、

失敗もすごく多かったので

 

その時のお話をしたいと思います。

 

ライターの失敗談

その1:修正地獄

すごく心が折れそうになった案件に出くわしたんです。

内容は3000文字の文章を書く案件でした。

 

最初に、構成案としてタイトルから見出しを出して

『だいたいこういうふうに書きます』っていう案を出して

その構成案が OK になったんです。

 

OK になったにもかかわらず、

納品すると修正が来て、その修正を直して提出すると、また修正が来て

 

っていう、これが何十回も繰り返されてしまったんです。。

 

なぜ私がこの案件にこだわったかというと

“記名記事”といって、

自分の名前が載って写真も載るっていう

 

すごく大きい実績となるので、どうしてもやりたかった

 

っていうのもありました。

 

修正依頼が、何回も何十回も繰り返されて

出すたびに、また“検収不合格”っていうのが来て、

しかも、その修正の内容が『納得できない!』っていう感じなんです。

 

私にとっては『こうやって書きます!』って

最初に構成案を出して、 OK もらってから書いているのに、

 

何か違うとこばっかり指摘がありました。

『どうしてこう書いたんですか』

『なぜこの文章を書いたんですか』

『ちょっと日本語がおかしいんじゃないですか』

ということまで言われてしまって

もう心が折れそうになりました。。

 

『これはもう遠回しにこれやめてほしいんじゃないかなぁ』

 

と思って、この案件はお断りしました。

 

時間ばかり使ってしまったけど、

1円ももらえなかった

 

っていうことがあり、

悔しい思いをしました。

その2:テストライティングの壁

応募してから、テストライティングがあるところが多いんですけれども

このテストライティングで終わってしまうというのが多かった

 

っていうのもあります。

 

テストライティングだけで3000文字を5記事書いて提出したのに

クライアントさんから

『今回は縁がなかったことにさせていただきます』

スポンサーリンク

みたいな感じで断られ、

その上、金額も安いということがありました。

 

後から聞いたところによると、

記事だけ持っていってしまうクライアントさんもいる

 

ということです。

あまり良いクライアントさんではないと思います。

その3:採用後にまさかの不採用!?

後もう一つ、

『採用になった!』って喜んでいたら

準備ができてないって言って何も送られてこない

マニュアルすら送られて来ない

やることもわからない

数日待っていて、こっちから連絡したんですけど

 

『準備ができてないので、今回は見送らせていただきます。』

っていう不採用になってしまったってこともありました。

 

孤独との闘い

心の面で『辞めたくなった』っていう時があり、

やはり一人でやっていること

どうしても孤独を感じたことがあります。

 

でも当初は、私がライターをやっている時に

ライターのコミュニティみたいなのに入っていて

何人か頑張ってる人がいたんです。

 

なので

『一緒に頑張ろう!』って気持ちでいたんです。

 

だけど、一人いなくなり、また一人なくなりってなると

こっちも気持ちがだんだんだんだん落ちていってしまって

辞めたくもなりました。

 

また、そのコミュニティの人たちは副業でやってたので

本業1本で私はWebライターやってたので

『自分は時間があるから稼がなきゃ!』

 

って思いがあったのと、

 

みんな忙しい忙しいって言っているなか

『自分だけ時間があって申し訳ないな・・』っていう

思いになってしまったりということがありました。

 

まとめ

ライターとして私もこれだけの失敗を重ねてきました。

でも、

良いクライアントさんに出会えれば

 

継続していくうちに、

すごく単価が上がったり

信頼も築けるっていうこと

も学びました。

 

また、ライターだったら、

良いクライアントさんに巡り会えること

あとは“気持ち”ですよね。

 

孤独でやってるんじゃなくて

『仲間で一緒に頑張ってる!』と思えば続けていける

 

っていうふうに思っています。

 

今回はライターの失敗談をお話ししました。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.