Webライター未経験でも稼げるの??初心者在宅ワーカーの経験談

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

こんにちは、ライターのみえです。

私は、2人の子供を育てながら家で働いている

在宅ワーク歴10カ月の初心者在宅ワーカーです。

 

今回は、私が未経験からチャレンジしている Webライター の仕事について、

私自身の経験談も交えながら、ご紹介していきたいと思います。

『Webライターってなんだろう?』

『Webライターにはどうやってなるの?』

『Webライターって稼げるの?』

と思っている方がこの記事を読んでいただくことで、

・Webライターの仕事内容

・未経験からWebライターになる方法

・Webライターはすぐには稼げないけど、将来性がある仕事

ということがわかっていただけます。

 

Webライターとして少しでも稼げるようになったら、

・自分へのご褒美を我慢せずに買うことができる

・子供に絵本を買ってあげられる

などなど、

”明るい未来が待っている!”

 

と自分に言い聞かせ、日々精進しております^^

是非最後までお読みいただき、参考にしていただければと思います!

 

Webライターのお仕事とは

Webライターのお仕事とは、一言でいうと

『Webメディアに掲載するための文章を書くこと』です。

 

具体的には、普段よく目にする

・ブログ記事

・Webサイトのコラム記事

・ネット広告の文章

・ECサイトの商品紹介文章

などの作成がWebライターのお仕事として挙げられます。

 

近年、Webライターの需要はますます高まっています。

 

なぜなら、インターネットの普及により、

企業の宣伝活動等はWebメディアを利用することが主流となってきているためなんです。

 

さらに、

このコロナ禍において利用者が急増している”クラウドソーシングサイト”

オンライン上で簡単に仕事を受発注することができるサイト)において

・Webライターの案件が数多くある

・Webライター案件に特化したサイトもある

という実情からも

Webライターの需要は高まっていると言えるでしょう。

 

Webライターのスキルを身につけておくと、仕事はたくさんありそうですね。

 

未経験からWebライターになる方法

では、具体的に『どうやってWebライターになるのか』というと、

私の一番おススメの方法は、『クラウドソーシングサイトを利用して応募すること』です。

 

私も、この方法で現在のお仕事をさせていただけることになりました。

 

私は、『クラウドワークス』というクラウドソーシングサイトに登録しているのですが、

実際に登録して始めてみると、本当にたくさんのライター案件がありました。

 

しかし、案件の内容を見ても『自分にできるかな?』と不安になってしまい、

なかなか応募することができなかったんですよね…。

 

そんな時に利用したのが、クラウドワークスの”タスク形式”案件だったんです

タスク形式とは?

タスク形式は、用意された設問に回答を入力するだけで、クラウドワークス上で作業をすぐに始められる仕事形式です。

回答が承認されると報酬が支払われますが、依頼内容を満たさない回答は非承認となり報酬を得られないこともあります。

 

このタスク形式案件には、

・ドラマの感想

・商品の紹介文章

・経験談

など実に様々な文章を作成する案件があります。

 

単価は安いのですが、

ライティングの仕事をちょっとやってみたいという方にはとてもおススメです。

 

実際に私は、

商品紹介文章作成のタスク形式案件に取り組みました。

 

まず、指定された商品について、いろいろなWebサイトの記事を調査しました。

 

この調査を行ったときに、

対象の商品について深く知ることができ、面白いと感じることができたんですよね。

 

そして、調査内容をもとに試行錯誤して書いた紹介文章を投稿すると、

クライアントさんが承認してくださり、お礼のメッセージまでいただけたんです!

 

さらに、このクライアントさんから、他の商品の紹介文章作成案件の紹介までいただくようになり

ライティングに少し手ごたえを感じるようになりました。

 

 

そして、自分のスキルがどの程度通用するのかをもっと確かめたいと思い、

本格的にWebライターにチャレンジするようになったんですよね。

 

では、どのようにチャレンジを始めたかというと、

今度は、クラウドワークスの“プロジェクト形式”案件への応募を開始したんです。

プロジェクト形式とは?

プロジェクト形式は、仕事に応募し、条件合意が取れたら契約に進む形式です。

応募時には実績や経歴などを提出するほか、見積もりを求められることもあります。

プロジェクト形式の報酬の支払い方法は、契約時に金額を決める「固定報酬制」と、

稼働した時間に応じて支払う「時間単価制」があります。

参照:クラウドワークス「カンタンご利用ガイド」

スポンサーリンク

 

プロジェクト形式案件の中から、私は『初心者・主婦歓迎』の案件にいくつか応募してみました。

自分の熱意をクライアントさんにお伝えしたところ、

 

現在のお仕事をさせていただけることになりました。

 

これらの経験から、Webライターになるためには、

『クラウドソーシングサイトを利用して応募すること』を私は一番おススメします。

 

 

私は、このようにWebライターのお仕事を始めているのですが、

もう少し経験を積んで、本格的なライター契約を結ぶためには、

テストライティングを受ける必要がある場合が多いそうです。

 

最初は、なかなか契約が取れないため、

とにかくたくさん応募して、テストライティングを受けること。

 

断られても他の募集案件に応募し続けることが大事だそうです。(なかなかハードですね。。

複数のクライアントさんと契約できるようになると収入も安定してくるみたいですよ!

 

ここまで来たら、Webライターを本業にしても良さそうですね!

 

Webライターを本業として稼いでいる方のお話では、

稼げるようになるためには、やはり書き続けることが大切だそうです。

そして、読まれる文章を書けることや、書ける得意分野を持つことも大切になってくるそうです。

 

稼げるWebライターになるための道のりは、なかなかハードですが、

まずはとにかく初心者Webライターになること、

つまり、Webライターを始めてみることが大切です!

 

そのためにも、やはり私は

一番始めやすい『クラウドソーシングサイトを利用して応募すること』をおススメします。

 

初心者Webライターをやってみて

Webライターは、子育て中の私にとっては、とても取り組みやすい仕事だと感じています。

 

なぜなら、パソコンさえあれば、時間と場所を選ばずに仕事ができるため、

子供の急な発熱等で仕事を休んで、会社に迷惑をかけてしまうという心配が無いためです。

 

実際に私は、子供の体調不良時や通院時には、心おきなく仕事を中断し、子供の面倒を見ることができています。

また、将来の仕事の幅が広がりそうだなと感じました。

 

なぜなら、記事を書くために様々な事を調査し、詳しくなれるため、

・書ける分野が広がる

・詳しくなった分野の資格を取得することもできる

などメリットがあるからです。

Webライター以外の道も開けるかもしれません。

 

実際に、Webライターの仕事を本業としている方で

記事を書いた分野の資格を取得されている方もいらっしゃいます。

 

 

このように、Webライターは

・子育て中の主婦でも取り組みやすい仕事

・将来性のある仕事

と言えると思います。

 

ただ、最初は記事単価が安く、すぐには稼げないため、

収入が無いのは不安という方は、副業から取り組んでみることをおススメします。

 

また、読まれる記事を書けるようになるために、

ライティングの基礎知識をある程度学んでおくと記事単価も上がりやすくなると思います。

 

 

まとめ

Webライターのお仕事とは

『Webメディアに掲載するための文章を書くこと』です。

Webメディアでの宣伝活動等が主流となってきているため、

 

需要が高まっていて、仕事を探しやすい職種です。

未経験からWebライターになる方法

一番おススメの方法は、『クラウドソーシングサイトを利用して応募すること』です。

 

私は、文章を書くタスク形式案件への応募から始めました。

 

稼げるWebライターを目指すには、

プロジェクト形式案件に応募して、テストライティングを受け、合格したら契約を結ぶ必要があります。

この時、断られても諦めずに応募し続けることが大切です。

 

稼げるWebライターになるための道のりは、

とてもハードです。

しかし、まずは始めてみること!

 

勇気を出して、まずは初心者Webライターになることが大切です!

初心者Webライターを実際にやってみて

・仕事をする時間も場所も選ばないため、子育て中でも取り組みやすい

・様々なことに詳しくなれるので、将来の仕事の幅が広がる

ということを実感しています。

また、

・すぐには稼げるようにならないため、副業から始めてみるのがおススメ

・ライティングの基礎知識を学んでおくと、さらに稼ぎやすくなる

ということも、実際の経験を通して感じました。

 

初めてのことに挑戦するということは、とても勇気がいると思います。

私も最初は右も左もわからず、くよくよ悩んで足踏みばかりしていました。

 

でも、私のように未経験でも本当にWebライターになることができました。

 

もしWebライターをやってみようか迷われている方がいましたら、

是非チャレンジしてみていただけたらと思います!

 

やって後悔はしないはずです^^

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です