webライターのきつい所と良い所は?継続すれば自由な人生が送れる!!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

こんにちわー!ライターのみどりです。

1歳の娘がいる、アラサー主婦なんですが、

現在、在宅でwebライターのお仕事をしながら、育児に励んでいます。

 

今回は、皆さんに、webライターのきつい所と良い所をお伝えしたいと思います。

 

このコロナ禍で、在宅ワークをする人が増えたということもあり、

・webライターになったばかりの方

・webライターに興味のある方

も多いのではないでしょうか?

 

そんな中でも、

・webライターを始めたはいいけど、全然稼げなくてきつい

・webライターってきついって聞くけど、やっても大丈夫なの?

と悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んで頂きたいです!!

 

私は、最近webライターのお仕事を始めたばかりなので、

まだ、きついかどうかすらもわからないくらいなんですが、

「この先きつくなってきたら、続けられるかわからないなぁ」と思ったこともありました。

 

しかし、今は「きついこともあるかもしれないけど頑張ってみよう!」と思っています!

それは、webライターのきつい所も良い所も知っているからなんです!!

 

何も知らないで、

・きついから辞めよう!

・きつそうだからやらない!

と諦めてしまうのは、もったいないと思いませんか?

 

実際にwebライターをしている方の話や、調べたことをまとめてみたので、

皆さんにも、ぜひ知って頂き、在宅ワークでちょっと自由な人生を満喫してください!

 

必ず、webライターをやっていて良かったと思えるはずですよー♪

 

webライターのきつい所

まずは、webライターのきつい所はどんなことか、よく言われる代表的なものをご紹介します。

 

きついと感じることは、人それぞれ違うと思います。

なので、実際にきつい所をわかっていれば、

「意外と自分は平気かも!」と思えるかもしれないし、対策することも出来ますよね!

 

現在webライターをやっている方は、「わかるわかる」と共感する所もあるのではないでしょうか?

これを読んだ後、少しでも気持ちが楽になって頂ければ幸いです。

 

では、webライターのきつい所を詳しく見ていきましょう!

1、仕事の案件を取るのが難しい

webライターの仕事をするには、案件に応募してからテストライティングがあるものも多いです。

最初の頃は、技術も無いので、テストライティングで記事を書いたのに、

結局、受からなかったということもあるでしょう。

 

プロフィールや応募文などを工夫することで、仕事を取りやすくなったという話も聞きます。

色々な案件に応募を繰り返し、実績もついてくれば次第に仕事も受かりやすくなってくるので、

諦めないで継続することが大事なんです。

 

本を読んで勉強したり、スキルを学べるセミナーに参加してみるのもいいと思いますよー!

2.単価が安い案件が多い

やっと案件が取れたと思っても、単価の安い案件ばかりだと、

書いても書いても、全然稼げなくてきついと思うこともありますよね。

 

クラウドソーシングサイトなどでも、文字単価が1円以下のものは多いです。

例えば、文字単価0.5円で記事を書いた場合、4000文字で2000円になり、

2時間で書ければ時給1000円ですが、時間がかかればかかるほど時給としては低くなってしまいます。

 

最低賃金とは?というくらいしか稼げないと、他の仕事をした方がいいんじゃないかなぁと、

悩んでしまうのも無理はないですよね。

 

しかし、スキルが上がってくれば、単価の高い案件も取れるようになりますし、

単価の高い案件をみつけたら、初心者だからと諦めず、どんどん挑戦していくことが大事です。

3.記事を書くのに時間がかかってしまう

慣れていないと、1記事を書くのにかなり時間がかかってしまうこともありますよね。

私は、育児の合間にやっているということもあり、全然進まないまま何日もかかり、

気持ちも焦ってしまい、さらに書けなくなるという悪循環に陥ってしまうこともありました(;^_^A

 

始めて書いた記事は、1週間かかってしまったという話も聞きます。

上記でもお話ししたように、書く時間がかかってしまうと、それだけ時給は低くなってしまうんです。

とはいえ、早く書けばいいというだけでは無いので、最初のうちは仕方ないのかなぁと思います。

 

しっかり悩んで、考えて書く、ということを繰り返していけば、

次第に適切な文章を、早く書けるようになるので、皆さんも一緒に頑張りましょう!

4.孤独を感じることがある

在宅でwebライターの仕事をしていると、人と会う機会が少なくなってしまうので、

時々孤独を感じることがあるといいます。

 

仕事の悩みを共有できる仲間がいないと、寂しいし不安にもなるので、

一人で居るのが苦手な人は、オンラインサロンやセミナーに参加すると、

同じ目標を持った、webライター仲間が出来るみたいですよ!

 

でも、一人だと他人に左右されなくてすむし、集中することが出来るので、

一人が嫌いじゃない人なら、孤独というのはメリットでもあるんですよね。

私は大きな組織が得意ではないので、程よく人と接するくらいが調度いいです(笑)

5.自己管理が大変

会社員のように、何時に出社しなければならないというルールが無いので、

自分でしっかりと時間管理をしないと、仕事が全然進まないなんてこともあります。

 

ついつい、だらだらしてしまって、納期に間に合わないから、結局徹夜しなければならなくなったり、

逆に、休憩をするのも忘れるくらい、ずっと仕事をし続けていたりする人もいるんです。

 

スケジュールも自分で管理しなければならないので、仕事を増やしすぎてパンクしてしまった、

という話も聞くので、自己管理は本当に大変なんですよね。

 

なので、タイムスケジュールを付けたり、毎日のルーティンを決めたりすることが大事だと思います。

慣れてくれば、効率よく仕事を進めることが出来るようになってきますよー!

 

このように、webライターのきつい所はいくつもありますが、継続していくことで解決するものです。

今はきつくて辛いかもしれませんが、必ずその経験が活きてくるので、

きついのも最初のうちだけ、と思って頑張りましょう!

 

それでもやる意味がある!!webライターの良い所

webライターにはきつい所があるというお話しをしましたが、

ここでは、それでもやっていて良かった!楽しい!と思える、webライターの良い所をご紹介します。

 

きつい所があるってわかっているのに、webライターを続けている人が居るのは、

きつい所だけじゃなく、良い所もあるからなんですよね。

 

なので、ここでこの記事を読むのを辞めてしまうのは、まだ気が早いですよー!

webライターの良い所とはどんな所なのか、まずは確かめてみてください!!

1.自由に働ける

時間はもちろん、場所だって好きな所で働けます!

 

何時に出社しなければならないというルールが無いと、自己管理が大変できつい

という話もしましたが、それは、好きな時間で働いていいということなので、

自己管理が出来るようになれば、良いことでしかないですよね?

スポンサーリンク

 

働く場所も、好きなカフェやコワーキングスペースで働いている人もいるくらいです。

家で働けば、会社まで行く必要がないので、電車に乗らなくてすむし、

私のように、育児でなかなか外に出れない人でも働けるというのは、すごく良い所だなぁと思います。

 

今頑張って、webライターとして稼げるようになっておけば、

コロナが落ち着いてきた頃、海外を転々としながらお仕事をすることも出来ちゃいますよ!

いつもと変わらない日常に飽きてしまった人は、そんな働き方もいいかもしれないですね♪

2.人間関係で悩まなくていい

会社員やパートとして働くと、どうしても人と関わらなければならないことがあります。

その中で、苦手な人や関わりたくない人が居ても、

我慢しなければならなかったり、嫌な思いをしてしまったりすることもあるでしょう。

 

しかし、在宅でwebライターの仕事をしていると、人と会う機会が減るので、

無理して苦手な人と関わらなくていいんです!!

 

今まで、人間関係で悩むこともあったけど、仕事だから我慢しなければならないと思って、

無理して仕事を続けていた時もあったので、そんな人間関係のストレスから解放されるというのは、

本当に私にとって、かなり大きな利点なんですよね。

3.やればやるだけ収入が増える

固定給ではないので、記事を書けば書いただけ収入がもらえます。

私は今まで、時給で働いていていましたが、それだと、自分がいくら頑張って仕事をしても、

さぼってばっかりで全然仕事をしない人と、給料は変わらないんですよね。

 

でも、webライターの仕事は、自分が頑張って記事を書けば、その分だけ収入が増えるんです!

「こんなに頑張ってるのに、給料が変わらないなんて理不尽だなぁ」と思うこともなくなりますよ(笑)

 

月に50万稼いだ!という話も聞くので、やる気のある人は高収入を目指してみるのもいいと思います。

4.webライターで得たスキルを他に活かせる

webライターは、クライアントからもらったマニュアルを見て記事を書くので、

仕事をしながら、文章の書き方などを勉強することが出来るんです。

それを繰り返していけば、次第に文章を書くスキルが身についてくるでしょう!

 

文章を書くスキルが身につけば、そのスキルを他にも活かすことが出来ます。

それは、ブログの記事を書くことです!!

ブログも文章を書くという点では共通しているので、webライターの仕事で得た知識が役立ちます。

 

文章を書くスキルの中には、SEOという、

Googleなどの検索エンジンで、上位に表示させるスキルも必要になるんです。

私は趣味でYouTubeに動画を投稿しているんですが、SEOのスキルはYouTubeにも活かせますよー。

 

このように、webライターをやっていると良い所もたくさんあるので、

きつい所があったとしても、やっていて良かったと思えるわけですね!

 

きつい時期を乗り越えるためのアドバイス

では、良い所があるのはわかったけど、きつい時はどうすればいいのか?

実際に、きつい時期を乗り越えるための方法をご紹介します。

 

きつい時期があるのは仕方がないと、頭ではわかっていても、

出来れば、そんな時期は早く過ぎ去って欲しいものですよね?

 

少しでも早く、きついと感じる時期を乗り越えられれば、

どんどん稼げるようにもなり、webライターの仕事が楽しいと感じれるからです。

 

ぜひ参考にしてみてください♪

1.クラウドソーシングサイトで稼げるようになる

クラウドソーシングサイトはいくつもありますが、

掲載されている案件の多いサイトを利用するといいでしょう!

 

オススメは、

・クラウドワークス

・ランサーズ

です。

どちらも登録して、いくつかの案件に応募しておくといいです。

 

それでも、なかなか案件がとれない時は、

まずは、タスク案件などの簡単なものから始めて、実績を作っておき、

単価の安いプロジェクト案件から、徐々に高単価案件に応募すると受かりやすいと思います。

2.ライティングを学ぶ

上記でもお話ししたように、テストライティングがある案件もあります。

テストライティングに受かるためには、ある程度ライティングスキルが必要です。

 

ライティングスキルをつけるためには、テストライティング無しでも応募できる案件を取って、

実際に記事を書きながら勉強をする他、ネットで検索してみたり、

本を読んで勉強したりしましょう!

 

Amazonでもレビューの高い本で、たくさんのwebライターがオススメしている本はこちらです。

・新しい文章力の教室

・沈黙のWebライティング

私も、チェックしていて読む予定なので、興味ある方は検索してみてください!

3.ブログを開設する

webライターで得たスキルをブログに活かせる、という話もしましたが、

ポートフォリオとしても使えますし、収入を増やすためにも、

ある程度webライターの仕事に慣れてきたら、ブログを開設するのがオススメです!

 

なぜブログを開設するといいのかは、こちらを読んで頂ければ納得してもらえると思います。

 

きついと感じる時期こそ、足を止めてしまうのではなく、

行動することが、早くきつい時期を乗り越えるためにも必要なんです。

 

ここまでくれば、もうwebライターの仕事が楽しいと思えるはずですよー!

 

まとめ

webライターのきつい所

1、仕事の案件を取るのが難しい

2.単価が安い案件が多い

3.記事を書くのに時間がかかってしまう

4.孤独を感じることがある

5.自己管理が大変

このように、きつい所はありますが、私はどんな仕事にもきつい所はあると思います。

いつかは楽しいと感じるようになってくるので、それまで継続していくことが大事です!

それでもやる意味がある!!webライターの良い所

1.自由に働ける

2.人間関係で悩まなくていい

3.やればやるだけ収入が増える

4.webライターで得たスキルを他に活かせる

私は圧倒的にきつい所より、良い所の方が大きいと感じました。

決して楽な道ではないかもしれませんが、

それでもやっていて良かったと思えるようなお仕事で、お金を稼げた方がいいですよね!

きつい時期を乗り越えるためのアドバイス

1.クラウドソーシングサイトで稼げるようになる

クラウドソーシングサイトは1つだけじゃなく、いくつか登録して、

たくさんの案件に応募することが大事です。

2.ライティングを学ぶ

テストライティングに受かるためにも、

・記事を書きながら勉強する

・ネットで検索する

・本を読んで勉強する

などで、ライティングスキルを身に付けていきましょう!

3.ブログを開設する

ブログを開設することで、

ポートフォリオにも使えて、収入を増やすことも出来ます。

webライターの仕事に慣れてきたら、ブログを開設するのがオススメです!

 

どんなことでも、最初はなかなかうまくいかないのは当たり前だと思います。

継続していれば、必ず成長していくものです。

 

それでも、辞めたいと思うことがあれば、「あと〇カ月は頑張って、〇万円稼げるようになる!」

というように、具体的な目標を立てて、それまでは続けた方がいいでしょう。

 

私は、1年間は頑張って、今までのパートの収入くらいの額を、

コンスタントに、毎月稼げるようになることを目標としています!

 

webライターとして稼げるようになれば、確実に自由な人生が送れるようになります。

 

無理をするのは良くないですが、頑張る価値があると思うので、諦めないでくださいね!

皆さんの書いた記事を、どこかで読めるのを楽しみにしています♪

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(*^^*)

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です