webライターとブロガーの違いを知っていれば収入アップ間違いなし!!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

こんにちわー!ライターのみどりです。

1歳になったばかりの娘がいる、アラサー主婦なんですが、

現在、在宅でwebライターのお仕事をしながら、育児に励んでいます。

 

今回は、みなさんに

『webライターとブロガーの違い』について、ご説明したいと思います。

 

これから、在宅ワークをやってみたいけど、

webライターとブロガーって何が違うのかわからないし、

・どっちをやったらいいのか悩んでいる方

・どっちか稼げる方をやろうかなぁと思っている方

色々いると思います。

 

間違った知識のまま始めても、

結局、あまり稼げなかったでは、意味がありませんよね?

 

しっかりとした知識を身につけて取り組めば、

稼げるようにもなりますし、収入アップにも繋がりますよ!!

 

私は最近、webライターの仕事を始めたばかりなんですが、

クライアントのブログを見ていたら、ブロガーにも興味が出てきたので、

そこで学んだことや調べてみたことを、みなさんにも教えますねー!

 

webライターとブロガーってどんな仕事?

まずは、webライターとブロガーの違いを説明する前に、

それぞれ、どんな仕事なのか理解していきましょう!

 

webライターとブロガーは、似ているようで違う仕事なので、

 

それぞれの仕事内容がわかっていないと、どっちをやったらいいかわからないですよね?

 

では、実際どんな仕事なのか、見ていきましょー!

webライター

webライターとは、

webに載せる為の記事を書く人のことを言います。

 

クライアントに依頼されたテーマで、マニュアルに沿って適切な記事を書き、

書いた記事を納品する事で報酬を得られます。

 

webライターは、自分の好きな記事を書けるというわけではなく、

クライアントの企画書に合わせて、記事を書く仕事というわけですね!

ブロガー

ブロガーとは、
自分が運営するブログで、記事を書く人のことを言います。

 

ただし、ブログに記事を書いただけでは報酬は入りません

読者が広告をクリックした時や、商品を購入した時に、報酬が入る仕組みです。

 

ブロガーは、記事を書くだけでなく、

自分でブログのデザインをして、書きたい記事を考え、ブログを運営していく仕事なんです。

 

私が今書いているこの記事も、ブログの記事ですが、私がブロガーではなくwebライターなのは、

このブログが自分のブログではなく、クライアントのブログになるからというわけです。

 

このように、webライターとブロガー、それぞれの仕事をご説明しましたが、

・自分はwebライターになりたい!

・ブログで稼いでみたいなぁ!!

と、なんとなーく、仕事のイメージが出来たのではないでしょうか?

 

webライターとブロガーって何が違うの?

上記で、説明した仕事内容からも、webライターとブロガーの違いはあったと思いますが、

もっと詳しく、それぞれ何が違うのかを解説します!

 

webライターとブロガーの違いがわかっていれば、

具体的にどのように働いていけば良いかがわかるからです。

 

それでは、違いについて、1つずつご説明しますね!

収入

webライター

クライアントに記事を納品すると、報酬が支払われ、収入になります

 

1文字いくら、1記事いくらといった感じで報酬が決められるので、

書いた分だけ稼ぐことができて安定しています。

 

ただし、働ける時間には限度があるため、収入にも限界はあるでしょう。

ブロガー

広告がクリックされないと報酬が入らないので、非常に不安定で、

いつ収入が得られるようになるのかわかりません。

 

しかし、アクセス数が稼げるようになり、

うまくいけば収入をどんどん増やすことが可能なのです。

 

ブログで月10万稼いだとか、100万稼いだなんて話も聞くので、夢は広がりますよね♪

クライアントの有無

webライター

クライアントと仕事をしていくことになります。

自分で仕事を受注して、クライアントに指示された期限内に、記事を納品しなければなりません。

単価の高い案件を受けるには、スキルや実績が必要です。

ブロガー

クライアントはいないので、納期などもなく、自分のペースでブログを運営できます。

しかし、ブログのアクセスを増やすための記事を書かなければならないので、

企画や方向性を自分で考える必要があり、難易度は少し高いかもしれません。

記事の書き方

webライター

クライアントが用意した、マニュアルや企画書を基に記事を書きます。

上記でも述べたように、書いた分だけ稼ぐことができるので、

時給単価を意識した書き方が出来れば、収入も増えるということですね!

 

例えば、1文字1円の報酬で5000文字の記事の案件を受けた場合、

・5時間で終われば時給1000円

・2時間で終われば時給2500円

になります。

 

つまり、

少しでも早く、クライアントの企画書に沿った記事を書けるようになること

スポンサーリンク

が大事なんです!

 

私はまだ始めたばかりなので、1日に1記事も書けませんが、

5000字くらいの記事を、1日で3本書ける人もいるみたいですね~!!

それだけ書ければ、かなり稼げるようになると思います。

ブロガー

自分の好きな記事、書きたい記事を書くことが出来ます。

しかし、ブロガーは広告をクリックされなければ報酬が入らないので、

多くの人に記事を見てもらうために、検索エンジンで順位を上げる書き方をしなければなりません。

 

このように、webライターとブロガーには違いがあります。

これで、それぞれの働き方がわかってきたのではないでしょうか?

 

webライターとブロガーの共通点

webライターとブロガーの違いは色々ありますが、共通する部分もあるんです。

それは、どちらも文章を書く仕事だということです。

 

文章を書くということは、その文章を読む人がいるということですよね!

読む人がいるということは、

その文章を誰に届けたいのか

その人に届けるには、どんな表現をすればいいのか

その文章を受け取った人に、どんな行動をしてほしいのか

という考えは同じなんです。

 

だから、webライターとブロガーは根本的な働き方は違えど、

文章を書くという点では共通しているというわけですね!

 

両方やれば収入は増える?

webライターとブロガー、どちらも文章を書く仕事なんだったら、

「結局どっちをやればいいのかわからないよ~」と悩んでしまった人もいるかもしれません。

 

どちらかやってみたい!と思ったなら、両方やるのがオススメなんです!!

 

記事を書き始めた頃は、まだ技術や知識がないと思います。

でも、webライターはクライアントからマニュアルをもらって記事を書くので、

仕事をしながら勉強することが出来るのです。

 

私も、webライターをやってみて、かなり勉強になりました!!

 

しかし、webライターは収入にも限界があると書いたように、

1日24時間は変わらないので、その中で書ける範囲でしか稼ぐことはできません。

 

なので、まず、webライターとして安定して稼げるようになったら、

ブロガーの仕事も始めるといいと思います。

 

ブログでも、webライターをやって身につけた技術や知識を活かせるので、

アクセス数を増やせるようになり、ブロガーとしても収入を得ることが出来るからです。

 

実際に、webライターとブロガーを両方やっている人が多いのは、

それぞれの良さを引き出すことが出来て、相乗効果を生むからというわけですね!

 

なので、webライターとブロガーは両方やることがオススメと言えるでしょう!!

 

私も、今はwebライターの仕事しかしていないんですけど、

いずれブロガーとして、記事も書いていきたいなぁと考えています。

両方やっている人でも、ブログの収入が安定してくれば、

働かなくても広告収入が入ってくるから、それで生活できるという話を聞いて驚いています!

そうなれたら最高ですよね~!!

 

さすがに、そこまでブログで稼げなくても、webライターをやるうえで、

ブログをやっておけば、自分を売り込むためにも意味があるのでオススメですよー。

 

まとめ

webライターとブロガーってどんな仕事?

webライターは、クライアントの企画書に合わせて、webに載せる為の記事を書く仕事です。

 

自分で書きたい記事が書けないこともありますが、

何を書くか自分で決めなくていいという利点もありますね!

 

ブロガーは、ブログに載せる記事を書いたり、デザインを考えたりして、

自分でブログを運営していく仕事です。

 

自分で自由に記事を書けますが、デザインから内容まで全て自分で考える力が必要になります。

webライターとブロガーって何が違うの?

webライターとブロガーは

・収入

・クライアントの有無

・記事の書き方

が違います。

 

どちらもメリット、デメリットはあるので、

それをしっかり理解しておくことも大事ですよー。

webライターとブロガーの共通点

webライターとブロガーは、どちらも記事を書く仕事です。

読み手がいるという面では同じなので、

読んでいる人に届けるために、どのように文章を書くか考える

 

ということが共通してる所ですね!

両方やれば収入は増える?

webライターをやって得た技術や知識を、ブロガーの仕事でも活かすことが出来るので、

どちらかをやってみたいと思っているのであれば、

両方やった方が収入はアップすると思います。

 

最初は、なかなか稼げなくて辛いーって思うこともあるかもしれません。

でも、大事なのは継続する事なので、無理しすぎないでくださいね!

 

自分のペースで無理なく続けていけば、必ず稼げるようになりますよー!!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました♪

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です