忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

ライティングの本質とは?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは、たえです。

今回はライティングの本質ということについてお話ししたいと思います。

動画でも見られます!

 

ライティングの本質とは?

ライティングの本質は、まずこの3つが大事だと言われています。

書く力

考える力

調べる力

そして、この3つが備わった上で共感が得られるか

 

ということがライティングの本質と言われています。

 

まず、「書く力」。

これはいわゆる文章を書く力です。

 

「考える力」。

これは、書いてあることがちゃんと構成できているか、ということになります。

 

「調べる力」。

これがすごく大事です。

 

実は、ライターにとって大事なところは、「書く力」だと思われてるんですが、

ライターの本質の中で一番大事なところは、実はリサーチ力です。

 

例えば、指定されたキーワードに対して、自分で検索して調べるということですね。

 

だいたいのことはもうグーグルでわかるようになっています。

ですが、そのグーグルでどうやって調べて答えに行き着くことができるか、

ということがすごく重要なことになってきます。

 

なので、ライターとして、

調べる力があるかどうか

リサーチ力があるかどうか

ということが一番大事になってくるんです。

 

でも、リサーチ力というのは最初から備わっているものではなく、

どんどんどんどん、こなしていくうちに、

リサーチする力も大きくなっていきます。

 

この3つの、「書く力」「考える力」「調べる力」が備わった上で、

さらに共感を得られるか、ということです。

 

ここが、ライティングで一番大事な事だと言われています。

 

というのは、読者は共感を求めていて、

ウキペディアみたいな難しい文章を求めているのではないんですよね。

自分の悩みに対して共感できる内容は書かれているか

わかるわかる!ってうなずけるようなことが書かれているか

というのが、共感を得られるか、という部分で大事なことになります。

 

ライティングの中ではリサーチ力がとても大事で、

これを含む「書く力」「考える力」「調べる力」の3つがあって、

これが書けた上で、この「共感が得られるか」、ということが一番大事になってきます。

 

良い記事の条件とは?

次に良い記事の条件として

絶対的条件

相対的条件

主観的価値

客観的価値

ということが言われます。

絶対的条件

絶対的条件としては、ライティングの本質のところでも言ったように、

共感が得られるか

読者さんの不安要素の解決ができているかどうか

これがすごく大事になんです。

 

相対的条件

相対的条件は、ライバルに勝ってるか、ということなんですね。

スポンサーリンク

 

よく言われていることですが、例えばグーグルの中では検索するときに、

検索の1ページにある記事というのは読まれる確率がすごく高いと思います。

 

でも2ページめ、3ページめ、4ページめ・・ってどんどん後ろに行くと、

そこまで読んでくれる人はなかなかいないと思うんですよ。

 

なので、すっごくいい記事を書いても、

検索結果で負けてしまうと読んでもらえないということなんですね。

 

そのためには

リサーチ力

共感を得られるか

というところで、ライバルサイトにどう打ち勝つか、ということが大事になってきます。

主観的価値

そして主観的価値、客観的価値というのがまた大事になります。

 

主観的というのは、

記事の中での

感情

感想

意見

体験談

経験談

その人が体験したものであったら、真似できないですよね。

なので、そこに価値があるんですね。

 

ライティングのマニュアルで「感情的価値」と言われているところが

この部分になります。

 

本当にこれは大事です。

ここで、 「どのサイトにも勝てる力」が出てくるのです。

 

これにより、

検索上位で上の方に上がってくる

差別化して1ぺージめに食い込む

というような記事を書くことができると言われています。

 

客観的価値

でも、忘れてはいけないのが客観的価値ですね。

読みやすいか

目次、構成、リズムはどうか

誤字がないか

改行や段落がページ内で適切に使われているか

という真似できる部分があるんですよね。

 

リサーチしてそのキーワードについて調べたときに、

これはどのサイトにも書いてあることです。

 

機能的価値と言われるんですけれども、

いわゆるウキペディアのような、ワードに対しての答えですね。

 

これはどのサイトも作り込んでいることですので、

グーグルで調べれば真似ができます。

 

この客観的なものの価値は低いと言われていて、

主観的価値、感情的価値がすごく重要と言われます。

 

しかし、この主観的価値だけ入れても意味がなくて、

客観的価値は最低限入れなくてはいけないことになります。

 

この客観的なものをしっかりと入れ込んだうえで

主観的な、感情や感想、意見、体験談、経験談などの

「真似できないもの」を盛り込むことによって、

 

この記事は良い記事だっていうことになるんです。

 

まとめ

重要なことは、

ライティングの本質はリサーチ力があるかということ。

「書く力」「考える力」「調べる力」の3つを踏まえた上で共感が得られるかということ。

ちゃんと機能的価値を盛り込んだうえで、感情的価値を入れていく必要があるということ。

これらができると良い記事となっていく、ということが言えます。

 

このように文章を作っていくと

かなり質の良い記事が作れるということになりますね。

 

今回はライティングの本質についてお伝えさせていただきました。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.