忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

やる気の出し方にも型がある

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、たえです。

今回は

「やる気の出し方にも型がある」

 

というお話をしたいと思います。

動画でも見られます!

やる気が “ある” “無い” の違い

皆さんはやる気はあると思いますか?無いと思いますか?

 

これってすごく大事ですよね。

それに、誰にだって波もあると思います。

もちろん私も、やる気の波はものすごくあります。

 

やる気があると作業が進むので、結果「楽しい!」

と、思いますよね。だけど、

やる気がないと作業が進まないし、結果「つまらない。」

と、いうふうになってしまいます。

 

「楽しい!」と思える方に、自分を誘導できるようになるといい

 

と、言われています。

 

やる気が無いとつまらない感情になって作業も進まないので

自分をつまらない気持ちにさせないということが重要

なんですよね。

 

「やる気がない」「作業が進まなくてつまらない」っていう感情に慣れてしまうと、

それが習慣となって普通の自分になってしまうので、

やる気があるから作業が進んで楽しい

レベルアップしているのを実感できる

っていうのが自分のペースになるといいと思います。

誰だってやる気の波はある

例えば、やる気に頼った計画はそもそも違っているかもしれないんですよね。

 

やる気に頼って計画を立てても、習慣化していないので、

やる気があるときはやるけど、

やる気が無いときにはやらない

っていう状態になってしまうと思います。

 

なので、やる気にも“型”が存在しているっていうことを

分かっていただけると、ありがたいと思います。

 

やってみるといいこと

場所を変えてみる

私や友達のいろいろな例を挙げてみると、

「場所を変えてみる」こともやるといい事として言えると思います。

 

ノートパソコンとか持ち運びができる端末だったら、

スタバとか マックとか喫茶店とかに、持っていけると思うんですね。

 

そうすると、

「わざわざやるためにそこに行った」っていうことが自分を行動をさせます。

 

 

移動時間を考えると、もちろん家でやるのが一番無駄がないんですけれど、

ついつい誘惑に負けることもあると思うので、

場所を変えてみるっていうのもいいと、思います。

 

受験勉強の時に図書館に行って勉強すると、

周りの環境もあって、結構はかどった経験がありませんか?

お金を使う

お金を使うといっても

自分自身のことにお金を使う

 

ということですよね。

 

例えば、わざと高いパソコンとかマウスやキーボードを

買うとかっていうことです。

 

私はノートパソコンを最初使ってたんですけど、

すごい安いやつを使ってたので、本当に作業が全然進まなくて、

わざとデスクトップパソコンと、使いやすいマウスとキーボードを買いました。

 

お金を払って買うと、やっぱり簡単には辞めないですね。

 

 

あと、お金を払って教材も買いました。

 

やっぱりお金を払えば、

スポンサーリンク

「自分の大切なお金なので回収したい」

って気持ちに人間はなりますよね。

 

なので、お金を使う(っていう言い方もちょっとアレなんですけど)ことも、

やる気の出し方の“型”として、あるということです。

 

やっぱり無料でやってしまうと簡単に辞めちゃいますよね

辞めてもったいないってことが何もないので、辞めやすいです。

使ったのは自分の時間だけしかないので簡単に辞めることができてしまいますよね。

仲間がいる環境をつくる

仲間がいる環境っていうのもいいと思います。

 

仕事されてる方だとよくわかると思うんですが、

人に迷惑をかけたくないので、やりにくい仕事もやる

のではないでしょうか?

 

それに、みんなが頑張っているのに、自分だけ頑張らないというのは、

ちょっと居心地も悪くなるのでやらざるを得なくなりますよね。

 

みんながやっている中で自分だけサボる

ということも、なかなかできないと思います。

 

そういう環境に身をおけば、

人に迷惑をかけられないのでやる

 

っていうことができますよね。

さらに、楽しくやれたらすごくいいと思います。

 

あと、仲間がいなくて自分一人だと

やっぱり“楽”に逃げがちになることが多いと思います。

 

「楽しいということ」とは

楽しいと思うことっていうのは、頑張らなくても継続できますよね。

 

“やらなくてはいけないこと”を、どうやって自分の

“楽しい”にするかっていうのがポイントなんですよね。

 

最初はなかなかできないかもしれませんが、

うまくやらざるを得ない環境に置きながら

楽しんでやれると一番いいと思います。

「頑張ろう」という言葉は…

実は、

「頑張ろう」っていう言葉は、やりたくないことをやっているから出てくる言葉

なんですよね。

 

っていうのは、

自分が楽しいこととか熱中していることっていうのは、頑張らなくてもできちゃう

 

と感じませんか?

 

好きなこととかをやるために「頑張ろう」とか

あんまりいいませんよね。

 

なので、

頑張るって気持ちが自分になくなっても、

周りから見てすごい働きをしていたら、

その人は成功の型に入った

と、いうことになるということですね。

 

まとめ

ここまで考えると「すごく大変なことかなぁ」とは思いますが、

やる気の出し方にも型がある

誰にだってやる気の波はある

と思って、

自分をやらざるを得ない環境において、

それで楽しくやっていけたらもっともっといい方向に向かって、

いろんなことが成長して成功に導いていける

のではないかなっていうふうに思いました。

 

これは私、自分自身にも向けて言っていて、自分自身に向けて書いた記事でもあります。

 

頑張るって言う言葉をついつい使ってしまうんですけど、思い返すと、

「自分が好きなことだったら頑張ると言ってないなぁ」

 

ってすごく思いました。

 

なので、頑張らなくてもできるっていうのは、すごくいいかもしれないですね。

 

“武器”にもなりますし、“成功への近道”

 

だと、私はすごく思います。

 

今回は、「やる気の出し方にも実は型がある」というお話をさせていただきました。

どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.